ここから本文です

キューバ第三の都市カマグエイに 曲がりくねった道が多い理由とは?

CREA WEB 10/2(日) 12:01配信

Magnificent View #1097カマグエイ(キューバ)

 キューバの中部にあるカマグエイは、ハバナ、サンティアゴ・デ・クーバに続くこの国第三の都市。スペイン統治時代に建てられた建物が多く残り、旧市街は世界遺産に登録されている。

 1514年当初、街は岬に建設されたものの、何度も海賊に襲撃されたことから、1528年に現在の内陸部へ移転した。以降、サトウキビ栽培や製糖業などにより発展。

 作り直された街は、曲がりくねった道路や行き止まりばかり。碁盤目状のほうが便利なはずなのだが、これは一説によると、海賊対策なのだそう。迷路のような複雑な造りにして、外敵が侵入するのを防いでいたのだとか。

 現在は観光地ではあるものの、ハバナほど外国人ツーリストでにぎわうこともなく、どこかのんびり。オールドキューバの風情をたっぷりと漂わせている。

芹澤和美

最終更新:10/2(日) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年1月号
12月7日発売

定価780円(税込)

食べてのんびり、また食べる
ゆるむ、台湾。

Jun.K(From 2PM)「これからも僕らは」
台湾二大人気占い師が占う「2017年わたしの運命」

ほか

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。