ここから本文です

「誰と来たっけ」デート思い出勘違い「映画」が危険!?

R25 10/3(月) 7:00配信

彼女と話していて、あれ、この話前にもしたっけ? とわからなくなることがある。ほかの女子と混同しているのがバレると、これはなかなか気まずい。

20代会社員男性200人(恋人がいたことがある)に、「気まずい勘違い」について、アンケート調査した。(R25調べ/協力:アイリサーチ)

〈恋人に何回か同じ話をしてしまい、指摘されたことある?〉

・ある 38.5%
・ない 61.5%

5人中約2人は経験あり…。うっかり男が多いのか、やはり高めの数値となった。

単に同じ話をするだけならまだいいけど、「ここ、前にも一度来たよね」なんていうふうに元彼女との思い出と間違えて話してしまい、「それ、私じゃないけど?」と修羅場化してしまうこともある。そんな経験の有無と、「ある」と答えた人にエピソードをきいてみると…。

〈恋人との「デートの思い出」を、間違えて話したことある?〉

・ある 23.5%
・ない 76.5%

「このテレビ番組好きって言ってたよね。と他の女性と間違えてしまったが、そうだったけ? とごまかした」(25歳)
「過去の思い出話。怒られそうになったので、あ、夢で見たやつだとごまかしました」(24歳)
「元カノと来たお店を勘違い。素直に『あれ? じゃあ違う人と来たわーごめんごめん』と明るく言った」(29歳)

など、間違えた内容やごまかしエピソードはいろいろ。「恋人の誕生日をモトカノの誕生日と間違えて、家で飼ってる愛犬の誕生日だったとごまかした」(29歳)という人もいたが、彼女の誕生日と犬の誕生日を間違えるって、全然フォローになってない気もするぞ…。

また、特に目立ったのが、

「同僚の女性といった映画と勘違いした」(29歳)
「別の女と見た映画の話をした。修羅場になった」(22歳)
「別の人と見た映画を一緒に観たように話した。ひたすらとぼけてごまかした」(28歳)
「ある映画を一緒に見たよねって言ってしまった。とっさに話を変えて対応した」(27歳)
「前の恋人と見た映画を勘違いしてしまった」(21歳)

など、「映画デート」に関する体験談。映画を観ているときは隣の様子が見えないからか、「誰と観たんだっけ?」とうっかりミスを起こしやすいようだ。「この映画一緒に観たよね~と間違ってしまって、『あっ 浮気相手と見たやつだった!』ってごまかした」(27歳)なんて人もいたが、それ、もはやごまかす気もないじゃん!

浮気性男性の皆さんは、映画デートは控えたほうがいいかも?

(梵 将大)

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:10/3(月) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。