ここから本文です

大分県発の“シンフロ”続編は青春物語 世界初、シン“フロ”ジェクションマッピングも!

エンタメOVO 10/3(月) 16:01配信

 源泉数・湧出量日本一を誇る大分県が、昨年、観光誘致のため立ち上げた新プロジェクトならぬ、新“フロ”ジェクト「おんせん県おおいた新フロジェクト」のPR動画「シンフロ」の続編「ゆけ、シンフロ部!」が、10月3日から公式サイトで公開されている。

 「シンフロ」とは、プロのシンクロナイズドスイミングチームが、大分県に実在するバラエティー豊かな温泉でシンクロを行うという動画で、昨年公開されると、そのシュールな内容が話題を呼び、2016年9月現在で130万回以上再生されたほか、多くのテレビ番組やウェブサイトで取り上げられた。

 今回公開される「ゆけ、シンフロ部!」は、大分県のとある高校のシンフロ部(架空)を舞台に、マユとアリサという女子高生2人の青春物語を描いた内容となっている。大分県出身のシンガーソングライター・伊勢正三氏の「なごり雪」をアレンジした楽曲をBGMに、高校卒業後はマユとともにプロを目指す夢を持つアリサと、東京への進学を決意したマユの、別れとなる最後のシンフロのシーンを中心に、2人の高校時代の思い出を振り返るストーリーだ。そこには、高校や大学を卒業後、夢を追いかけ大分県を離れる若者に向け、「大分県はあなたの 帰りをずっと待っている」「もし帰ってきたくなったらいつでも帰って おいで」というメッセージが込められている。

 また、この動画のマユとアリサによる2人の最後のシンフロでは、サプライズとして温泉の湯面にプロジェクションマッピングを映しながらシンフロを踊るという“シンフロジェクションマッピング”というサプライズも行われている。

 この動画は公式サイトのほか、同日より関西、福岡、大分でテレビCMとしてオンエアされるほか、シンフロ公式ホームページでは、メイキング映像なども公開される予定。

http://onsenkenoita.com/

最終更新:10/3(月) 16:01

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。