ここから本文です

38,000人を魅了した「関西コレクション」 紗栄子や河北麻友子ら続々登場

オーヴォ 10/3(月) 11:58配信

 日本最大級のガールズイベント「関西コレクション」が9月18日に大阪市の京セラドームで開かれ、人気抜群のモデル紗栄子や河北麻友子ら多数のモデルが登場、ランウェイを行きかう姿に約38,000人がヒートアップした。

 「関西コレクション」は、「文化都市・大阪から日本全国、世界へ発信したい」などとして2011年2月に第1回が開かれ、今回で12回目。

 今回のコレクションは、フジテレビ系列の人気番組だった「テラスハウス」に出演したのがきっかけでブレークしたモデル、歌手のchayのライブでスタート。その後、紗栄子の特別ステージに続くファッションステージでは河北麻友子、藤田ニコル、マギーら人気モデルが続々と登場し、光と音の圧巻のステージで魅了した。

 その後のステージでも、ダレノガレ明美や西山茉希、女優・モデルとして注目を集めている新木優子らが相次いで登場し、歓声とともにペンライトを振る観客に応えながらランウェイを歩いた。

 また、シークレットゲストとして映画「青空エール」に出演した竹内涼真が出演。ラストステージではファンキー加藤のライブが行われた。

 「関コレ」の第1回来場者は約13,000人。回を追うごとに来場者は増えており、今回の約38,000人は最多で、名実ともに日本を代表するガールズイベントとなった。

最終更新:10/3(月) 11:58

オーヴォ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。