ここから本文です

中日・白井オーナーに直撃 「落合GMの評価は凄く高い」

NEWS ポストセブン 10/3(月) 7:00配信

 現役時代は3度の三冠王という圧倒的な実績を残し、監督としては「強いけど面白くない」と評された落合博満氏。ところが落合氏がGMを務める中日ドラゴンズは今シーズン、19年ぶりとなる最下位が確定した。GMとしての手腕には賛否両論が飛び交う落合氏だが、ある中日OBは、『週刊ポスト』の取材に対して次のように漏らした。

「名古屋でメシを食っている以上、表立ってはいえないが、やはり最も大きいのは白井文吾オーナーの責任だろう。白井オーナーは自他ともに認める落合GMの後ろ盾。落合氏の“独裁”は、その近すぎる関係の上に成り立っている。ここにメスを入れない限り、監督や主力選手を入れ替えても状況は変わらない」

 本誌は落合GM体制の命運を握る白井オーナーを直撃した。今季最終戦が東京ドームで行なわれた9月28日早朝、愛知県内にある自宅から出てきたところで御年88歳の白井氏は取材に応じた。

──落合GMは1月退任ですか?

白井「退任じゃないだろう。契約切れということだよ」

──その後はどうなるのか。球団に残るのか。

白井「そんなことを今決めたら失礼でしょう。たとえば、来年は要らないといったら、やる気がなくなってしまうじゃないか。常識ですよ。あなたが、あと何日でクビだといわれたら気分悪いでしょう。それと同じことだよ」

──現場では落合GMへの不満が高まっているが、オーナーがそれを擁護しているといわれている。

白井「擁護はしていない。擁護もしないけど、一部の人のように攻撃もしない。だって、契約しているんだものね、わははは」

 豪快に余裕の受け答えを続ける白井氏。そこで落合氏の“嫌われぶり”についてぶつけると、真っ向からの反論が飛び出した。

──落合GMの評判が悪いのは耳に入っていない?

白井「知りません。嫌いな人はいるかもしれないが、GMの評価は凄いんですよ。評価の高さが。日本の野球界で一番能力があると、たしか日経新聞にも書いてあったな。読んだ?」

1/2ページ

最終更新:10/3(月) 7:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。