ここから本文です

カプセルホテル、専用フロアもあり女性利用客が激増中

NEWS ポストセブン 10/3(月) 7:00配信

 終電を逃したサラリーマンや、宿泊費をとことん節約したい人などが利用するイメージだった「カプセルホテル」。だがここ数年、女性専用フロアから予約が埋まっていくなど女性利用者が激増中。

 例えば浅草蔵前にある「MyCUBE by MYSTAYS」は、今年6月1日にオープンした進化系カプセルホテル。個室は天井高160cmの広々空間。ベッドは1段で、出入り口がベッドの横についたゆったり設計が魅力で、100×205cmのベッドの上で立つこともできる。

 女性専用フロアに行くには専用のカードキーが必要など、セキュリティーも万全。24時間利用できるシャワー室には、バスタブ付きもあり、シャンプー類や化粧水、ヘアアイロンまで完備している。急な宿泊にも安心だ。

 24時間自由に利用できるラウンジは、夜はバーに変身する。全161室中、女性専用46室で1泊4200円~となっている。

 カプセルホテルを利用する際のポイントがある。カプセルホテルの多くは簡易宿所。一般的なホテルと異なり、居室の完全施錠ができないのが特徴だ。

 女性専用フロアへは、専用のカードキーが必要だ。多くのホテルに女性専用フロアがあり、フロアへの出入りやシャワー室などの施設はもちろん、エレベーターに乗るにも専用キーが必要。完全施錠できなくても安心だ。

 荷物はカギのかかるロッカーに入れよう。室内はほぼベッドのみの空間。トランクなどの大きな荷物は施錠できるロッカーやベッド下のラゲージスペースに保管を。

 リラックスウエアやタオル、耳栓も完備されている。ルームウエアやスリッパ、ドライヤー、アメニティーグッズも充実しているところが多い。テレビ付きの部屋にはヘッドホンがあり、周囲の音を遮るための耳栓の用意もある。

※女性セブン2016年10月13日号

最終更新:10/3(月) 7:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。