ここから本文です

王700号記念 平松政次は大洋ベンチのバットにサイン貰う

NEWS ポストセブン 10/3(月) 7:00配信

 現役時代「カミソリシュート」を武器に大洋ホエールズのエースとして活躍した平松政次氏(68)のお宝は、巨人キラーとして鳴らした自身の記念品ではなく、ON(王貞治・長嶋茂雄)にまつわる品だった。王氏の700号記念サイン入りバットと、長嶋氏愛用のゴルフシューズを手にしたいきさつを、平松氏が語った。

 * * *
 王さんの700号は大洋戦。試合後にサインを書いてもらいました。ちなみに王さんの使っていたバットではなくて、大洋ベンチにあったバットです(笑い)。
 
 僕は子供の頃から巨人ファンでね。ONをバックに投げる夢は何度も見ました。特に長嶋さんの大ファン。長嶋さんには使い古しの練習用手袋をいただいたこともあります。それで“巨人キラー”と呼ばれていたのだから、巨人ファンには申し訳ないと思っています。

 引退後、長嶋さんとゴルフする機会があり、長嶋さんが履いているシューズが欲しいとおねだりすると、後日、同じ型の新品をプレゼントしてくれた。本当は使用済の方がよかったが、それでも嬉しくて、30年経った今でも未使用のまま靴箱に入れてあります。

撮影■山崎力夫

※週刊ポスト2016年10月7日号

最終更新:10/3(月) 7:00

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。