ここから本文です

テラハinハワイ、トリンドルは初ハワイの海に興奮

Smartザテレビジョン 10/3(月) 9:00配信

'12年に、フジテレビ系で放送がスタートした「テラスハウス」は、'15年9月27日にFOD(フジテレビオンデマンド)とNetflixで配信されていた「TERRACE HOUSE BOYS & GIRLS IN THE CITY」が最終回(46th WEEK)を迎えた。

【写真を見る】山里亮太(右)の注目はウクレレアーティストの男子高校生

先日、'16年11月1日(火)よりFOD/Netflix にて新シリーズ「TERRACE HOUSE ALOHA STATE(テラスハウス アロハ ステート)」の配信開始が決定。

それに伴い、今まで番組を盛り上げてきたスタジオキャストのYOU、トリンドル玲奈、徳井義実、馬場園梓、山里亮太、健太郎が囲み取材に応じた。新シーズンの舞台・ハワイで行われた囲み取材には、海外からのメディアも参加した。

ハワイに来た感想を徳井は「ワイキキビーチに行ったら、トリンドルが異常にテンションが上がってた(笑)。『大きな波が来ましたよ徳井さーん!』って。あんなトリンドルの声聞いたことない!」と普段のおしとやかなトリンドルはそこにいなかった様子。

それを受け、トリンドルは「初めてなんです、ハワイに来るのが!」と意外にも初ハワイだったことを明かし、徳井は「海で泳いでたのが、僕とトリンドルだけで、2人っきり。トリンドルと旅行したらこんな感じなのかなーと妄想してましたけど、あまりにも心の底から楽しむトリンドルがまぶし過ぎて、お父さんみたいな気持ちになりました」と話した。

「TERRACE HOUSE ALOHA STATE」には、18歳・画家志望の女性、ハリウッド俳優志望の18歳男性、ショップ店員の26歳女性、家具職人の27歳男性、23歳の女性、ウクレレアーティストの18歳男子高校生の6人の住人が発表されているが、顔は明かされておらず簡単なプロフィールのみの発表となっている。

まだ謎も多い住人の素顔や住人に用意された家を一足先に見ているスタジオメンバーに、住人の印象やハワイの住居の様子を聞いた。

山里の注目はウクレレアーティストの男子高校生。その理由については「テラスハウスの課題だった『人は才能だけで人を落とすことができるのか?』。その夢を背負った人です! たぶん、才能以外の部分の点数は低い人なので…」と言うと、YOUらメンバーから「最低!」とののしられるも、山里は「じゃあ、あの子がウクレレも何もできなくて『キスしよう』って言ったらさせてくれるんですか?」と畳み掛け、トリンドルには「何の話ですか?(笑)」とあきれられ、YOUには「悪魔だよ!」と一喝されていた。

ここで山里はあることに気づき「あの~、海外からの記者の方、通訳された後にすごく悲しい目をしてるんですけど、私はこういう役目でして…。住人にひどく嫌なことを言うと思うので、どうぞお手柔らかにお許しください…。アイアムヒール!」と弁解した。

また、ハワイの家についてトリンドルは「プールに『TERRACE HOUSE』って文字が入っていたり、映像が海外ドラマみたいな画だったので、ますます“テラスハウスファン”が増えるんじゃないかと思います」と評す。

徳井も「決定的に違うのはロケーション。ちょっとしたワンカットがすごくきれいなんじゃないかなと思って楽しみです」と語った。

馬場園は「日本人の自分から見たら、『すごく我が強くて、わがままで自己主張が強い女の子』と感じることも、ハワイでは普通だったり、文化の違いも勉強になると思う」と見どころを語った。

また、番組の特徴である「他人の家をのぞき見すること」について、山里は「神にでもなったような気分」と表現。山里は続けて「人の良いところだけじゃなくて、悪い関係が生まれる瞬間が見られるのもテラスハウスの醍醐味(だいごみ)。人間のぶつかっている姿を俯瞰(ふかん)で見て、ケタケタ笑える最高の時間です」と明かす。

これまでのシーズンで印象に残っているメンバーの話になると、徳井は島袋聖南を挙げ「自己陶酔型で、ドラマでしか聞けないようなせりふを彼女からはたくさん聞けたので面白かったです。一時代を支えてくれた人ですね」と理由を語った。

山里はネットでも話題となった「僕はこの前の“りこぴんカップル”の衝撃。清純派で奥手だと言ってたのに、実は奥手な自分たちをテレビに向けて演じていただけだった、とバレた瞬間の女の子の顔の怖さ! 本当は演出があれば隠せばいいんですけど、(テラスハウスは)『リアリティーショー』なので、ガチだなと分かるいい回だったんじゃないですかね」と答えた。

最後に視聴者に向けて、番組スタート当初から出演しているYOUは「『今シーズンで最後かも、今シーズンで最後かも』と思いきや、とうとうハワイまで来ちゃったんですけど、良い意味で最初の頃の“好奇心で見ていく姿勢”は変わらなくて、茶の間で見ている感じでずっと楽しんでいますし、それが見ている方々の間で広がっていってるのがかなり理想的な展開だなと感じています。多くの方に見ていただけたらと思います」とアピールした。

最終更新:10/3(月) 9:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集