ここから本文です

西島秀俊、大型ドキュメンタリーシリーズをナビゲート

Smartザテレビジョン 10/3(月) 10:00配信

WOWOWと国際パラリンピック委員会が共同で立ち上げた大型ドキュメンタリーシリーズ「WHO I AM」が、10月22日(土)よりスタートする。

【写真を見る】パラリンピック・リオ大会が開催されたことしから、東京大会が行われる2020年まで、およそ5年にわたって世界最高峰のパラアスリートに迫る

このたび、WOWOWプライムで放送される同番組のナビゲーター&ナレーターに、西島秀俊が決定した。

パラリンピック・リオ大会が開催されたことしから、東京大会が行われる2020年まで、およそ5年にわたって世界最高峰のパラアスリートに迫る「WHO I AM」。

この壮大なドキュメンタリーシリーズをナビゲートし、またナレーションも務めることに決まった西島は「とても光栄に思っています。2020年、東京の地で輝きを放つだろう選手たちの物語を、私自身も楽しみにしていますし、番組をご覧いただく皆さんと一緒に、知って、感じていきたいと思っています」とコメントした。

記念すべき第1回放送には、ブラジルの競泳選手、ダニエル・ディアスが登場。ディアスといえば、北京、ロンドン、リオと3大会にわたって、金14個を含む24個のメダルを獲得している「競泳界の金メダルコレクター」だ。

そんなディアスが家族と過ごす日常からハードなトレーニング、そして母国開催となったリオ大会での輝きまで、カメラが密着している。

最終更新:10/3(月) 10:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
11月30日

特別定価:350円

表紙:岡田准一
みくり&津崎ムズキュン対談
秋ドラマ妄想結末予想
ジャニーズどデカ写真集

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。