ここから本文です

<「やる気」は不要>「やる気が出ない」を言い訳にして何もしない人たち

メディアゴン 10/3(月) 7:30配信

茂木健一郎[脳科学者]

***

時々受けるご質問に、「やる気がでない」「どうしたらやる気がでますか」というものがある。

それに対する私の答えは、ちょっと意外なものである。それは、

 「やる気は必要ありません!」
 「やる気がでないを、言い訳にしないでください!」

というものだ。

もちろん、「夢」はあった方がいい。「目標」もあるにこしたことがない。しかし、日々の仕事、営みにおいては、「やる気」は必要ない。むしろ、淡々と、フラットに、アップもダウンもなく、続けていく方が良い。

例えば、10年かけて実現する「夢」があるとする。夢を抱いたその出発点は、感動があったり、意外な出会いがあったりするのかもしれないけれども、そのあとの10年間は、基本的に日常の連続であるはずである。

毎朝起きて、今日もまた淡々と作業をする。その過程で、「やる気」という、特別なものは必要ない。むしろ、常に、「今、ここ」に没入して目の前のことをこなしていくのであって、それ以上でも、それ以下でもない。

逆に言えば「やる気」がでないという人は、それをやらないことの言い訳にしているにすぎない。「やる気」というのは、それがあるから行動できるのではなくて、行動しないことの言い訳として、「やる気」を持ち出しているだけの話なのである。

何かに取り組んだり、行動したりするのに「やる気」は必要ない。

そう気づけば、ずいぶん気が楽になるだろう。また、「やる気」がないことを言い訳にして何もしないでいる自分にサヨナラできるだろう。「やる気」は必要ない。さあ、今日も、「やる気」など関係なく、目の前のことに取り組みましょう。

茂木健一郎[脳科学者]

最終更新:10/3(月) 7:30

メディアゴン