ここから本文です

【映画評】SCOOP! --- 渡 まち子

アゴラ 10/3(月) 15:10配信

かつて写真週刊誌「SCOOP!」に所属し、数々の伝説的なスクープ写真を撮ってきた凄腕カメラマンの都城静は、ある出来事をきっかけに報道写真への情熱を失い、今ではフリーの芸能スキャンダル専門パパラッチに転身。何年も、借金まみれの自堕落な日々を送っていた。そんな静が「SCOOP!」に配属されてきた新人記者・行川野火とタッグを組むことになる。まったくかみ合わない静と野火はケンカばかりだったが、情報屋のチャラ源からのネタと、場数を踏んできた静のカン、そしてド新人の野火の度胸を武器に、やがて次々にスクープをものにするようになる。そんな中、二人は、日本中が注目する大事件に遭遇するが…。

写真週刊誌の編集部を舞台に、落ち目の中年パパラッチと新人記者のコンビの活躍を描く「SCOOP!」。原作は、1985年製作で幻の作品と呼ばれる原田眞人監督・脚本作品「盗写 1/250秒」だ。福山雅治の初の汚れ役ということで話題だが、ダーディーでエロくて、だらしないのに、それでもカッコイイ男に見えるのが、福山の強みである。物語前半は、凸凹コンビの軽妙なやり取りから、次々にスクープをものにしながら共に成長していく姿を、中盤はまさかの奇策で大スクープをものにするカメラマンと記者、そして編集部の仕事ぶりを描く。終盤には、衝撃的な展開が待っているのだが、何しろこの映画、配給会社よりかん口令(ネタバレ禁止)が出ているので、詳細は明かせない。思わず「!」のラストとだけ言っておこう。

芸能人のスキャンダルを追うパパラッチは、一般的に好印象を与えない仕事だが、本作では、そんな写真週刊誌を作る人々の意地や本音、低俗なスキャンダルを欲する大衆心理をも垣間見ることができる。静はカメラマンとしての誇りや情熱を心のすみに隠しながら、あえてワルぶっていて、彼を愛する女たちはそのことを知るからこそ、惹かれていくのだ。ミュージシャン、俳優以外にも写真家としての顔を持つ福山雅治には、願ったりの役だったのかもしれない。若手演技派の二階堂ふみは、エキセントリックな演技で持ち味を発揮するが、今回は素直さが魅力の女の子の役で、上手さと新鮮さを見せている。一番印象に残るのはチャラ源を演じるリリー・フランキーの怪演。チャラ源と静の、少しいびつな友情に哀愁が漂っていた。
【60点】
(原題「SCOOP!」)
(日本/大根仁監督/福山雅治、二階堂ふみ、リリー・フランキー、他)
(ダーティー度:★★★★☆)


この記事は、映画ライター渡まち子氏のブログ「映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評」2016年10月1日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちら(http://cinemassimo.livedoor.biz/)をご覧ください。

渡 まち子

最終更新:10/3(月) 15:10

アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム

Yahoo!ニュースからのお知らせ