ここから本文です

女性がスポーツにメンタル面の効果を求める理由

@DIME 10/3(月) 7:30配信

今、アメリカの女性を中心に、スポーツウエアを取り入れたファッション「アスレジャー」がブームとなっているという。日本でも、最近は芸能人やモデルなどの女性有名人が、ヨガやトレーニングの様子をInstagramにアップするのをよく見かける。国内外問わず、女性たちの間には「スポーツをする女性=おしゃれ」というイメージが定着しつつあるようだ。では、女性たちにとってスポーツとはどんな存在なのだろうか。デジタルマーケティングカンパニーのADDIXが運営する、女性たちの動向やインサイトを探る情報サイト「BWRITE(ブライト)」は、「女性とスポーツについての意識調査」を実施。女性たちとスポーツとの関係について探り、結果レポートを発表した。

■何らかのスポーツをしている女性は約3割

まず、どのくらいの女性がスポーツをしているのかを調べてみた。調査結果を見ると、約3割の女性が何らかのスポーツをしているようだ。

年代別に見ると、何らかのスポーツをしている女性は、18~29歳は4割弱、30代と40代以上は3割弱。今回の調査対象者の中では、最も年代が若い18~29歳が、最もスポーツをする割合が高い。

■これからやりたいスポーツは「ヨガ」が一番人気

では、残りの7割にあたる、今運動をしていない女性が「今後やってみたいスポーツ」は何か。調べてみると、どの年代でも「ヨガ」が一番人気だった。

特に30代では、ヨガの人気がもっとも高いようである。その理由を見ると、健康やストレス発散などメンタル面の効果を期待する声が目立つ。

【自由回答コメント:抜粋】
<ヨガをやってみたい理由>
「気持ちよさそうで、リラックスできそうだから」(30代/パート・アルバイト)
「メンタル面でのコンディションも整えたいから」(30代/派遣社員)
「無理しなくていいし、手軽だから」(40代以上/フルタイム勤務)

■やってみて満足度が高いのは、「ヨガ」と「ウォーキング」

では、実際に運動している女性は、どんなスポーツをしているのだろうか。現在行なっているスポーツを調査すると、「ヨガ」「ウォーキング」「ランニング」が上位に入った。

また、現在行なっているスポーツへの満足度を聞いてみると、9割が「やや/とても満足」と答えており、ほとんどの女性が満足感を得ているようである。さらに、スポーツごとに満足度を細かく見てみると、「ヨガ」をしている人に「とても満足」という回答が多い傾向が見受けられる。「ウォーキング」では「やや満足」が多く、「ランニング」は「とても満足」から「やや不満」までさまざまな声があがった。満足度が高い「ヨガ」については、「心も鍛えられる」「すっきりする実感がある」といったコメントが理由としてあげられている。

【自由回答コメント:抜粋】
<ヨガ>
「とても満足:心も鍛えられるから」(30代/フルタイム勤務)
「とても満足:すっきりする実感があるから」(18歳~29歳/フルタイム勤務)
「とても満足:考え方が変わり、心が広く、前向きに進めるようになったから」(40代以上/パート・アルバイト)
<ウォーキング>
「とても満足:疲れていても歩くとリフレッシュする」(30代/パート・アルバイト)
「やや満足:自分の変化を実感できた」(30代/フルタイム勤務)
<ランニング>
「とても満足:体型に変化があったので」(18歳~29歳/無職)
「やや満足:自分のペースで好きなときに出来るから」(30代/フルタイム勤務)
「やや不満:できる時とできない時の差があるので、もう少し手軽にできるスポーツを模索中です」(30代/パート・アルバイト)

■c
では、そもそも女性はどうしてスポーツをするのだろうか。スポーツをする目的を聞いたところ、「健康のため」「リフレッシュのため」「美容のため」という回答が上位を占めた。

一方、「スポーツをして変わったことは?」との問いでは、全年代を通して最も多かった答えは「ストレス解消になった」であった。3割弱が「気持ちが明るくなった」とも答えており、女性にとってスポーツは、身体面はもちろんのことメンタル面の影響も大きいようである。

■スポーツに“メンタル面”の効果を求める女性たち

スポーツというと「体力作り」「筋力アップ」などの、“カラダ面”の効果に目が行きがちだが、女性たちはそれ以上に、“メンタル面”での効果を実感している。今後やってみたいスポーツの1位が、身体と心のバランスを整える「ヨガ」であることからも、そんな女性たちの志向がうかがえる。俗に、ストレス社会と言われる現代。女性たちの間での「ヨガ」人気は、しばらく続きそうな気配だ。

【調査概要】
調査名:女性とスポーツについての意識調査
調査実施:BWRITE
実施期間:2016年6月2日(木)~6月13日(月)
調査対象・人数:18歳以上の「Skets」会員女性226名(有効回答)
調査方法:WEBアンケート方式
アンケート収集元:共創コミュニティサービス「Skets」

文/編集部

@DIME編集部

最終更新:10/3(月) 7:30

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。