ここから本文です

モーニング娘。’16 牧野真莉愛は道重さゆみの魂を受け継ぐ? 新センターの実力を読む

リアルサウンド 10/3(月) 7:00配信

 モーニング娘。’16が、11月23日に62枚目のシングル『そうじゃない/セクシーキャットの演説/ムキダシで向き合って』をリリースすることを発表した。

 シングルのリリースは、9月24日神奈川県・ハーモニーホール座間大ホールで開催された『モーニング娘。'16コンサートツアー秋~MY VISION~』で発表。ツアー初日でもあった同公演では、新シングルの中から「そうじゃない」がいち早く披露され、牧野真莉愛が初めてのセンターを務めることも明らかになった。

 牧野は、ハロプロ研修生を経て2014年9月30日、『モーニング娘。’14コンサートツアー秋 GIVE ME MORE LOVE ~道重さゆみ卒業記念スペシャル~』にてモーニング娘。第12期メンバーとしてグループに加入。12期は先日9月30日に、グループ所属から丸2年が経過した最もグループ歴が浅い世代だ。牧野は、2012年の「モーニング娘。11期メンバー『スッピン歌姫』オーディション」に落選したものの審査員からの評価が高く、スキルアップのためにハロプロ研修生に進んだ経緯がある。目標とする人物は道重さゆみ。道重といえば昨日10月2日、モー娘。卒業から約2年ぶりに短文ながらもブログを更新し、Twitterトレンドワードに「道重さゆみ」としてランクインするなど、今もなお人気に衰えが見えない。

 牧野は、そんな道重のお気に入りメンバーであった。牧野が研修生当時から手紙でやりとりをしていたことを道重はブログに綴っている。また、牧野がモー娘。に加入する際のビデオメッセージは、道重からのメッセージであった。道重と入れ替わりでグループに加入した牧野は、道重のイメージカラーであるピンクをライトピンクとして受け継いでいる。

 今年5月31日からは、牧野がパーソナリティを務めるラジオ番組『まりあん(ハート)LOVEりんですっ(ハート)』(CBCラジオ)が始まる。中京広域圏を放送対象地域とするこの番組に起用されたのは、牧野が愛知県出身であることが大きいが、新人のアイドルがソロでラジオパーソナリティを務めるのは大抜擢と言えるだろう。ラジオタイトルが物語っているように、牧野は人懐っこく天真爛漫な愛されキャラ。自分の意思を曲げず、純粋無垢な性格も人気の一つだ。今春開催した『モーニング娘。'16コンサートツアー春~EMOTION IN MOTION~鈴木香音卒業スペシャル』では、ミュージカル調の楽曲「Mr.Moonlight ~愛のビッグバンド~」で生田衣梨奈、工藤遥と共に男役を熱演したのも記憶に新しい。牧野がぶりっ子キャラだけではないことをファンに強く印象づけた。

 牧野は、9月27日放送分の同ラジオ番組で新センターに選ばれたことについて「この曲の歌詞カードをもらった時に思わず『ハッ!』と言ってしまったんですけども、すごく嬉しかったのと振りを付けてもらった時もドキドキしてました。だけど、本気で頑張りたいと思います」と意気込みを語っていた。『B.L.T.2016年11月号』(東京ニュース通信社)では、現在の目標を聞かれ「モーニング娘。のなかで大きな存在になりたいです。(中略)『真莉愛に追いつきたい!』って思ってくれる後輩がたくさんできる、そんなすごい人になるのが夢です。永遠の目標は道重さゆみさんみたいになること」と答えている。グループが現在行っている「モーニング娘。'16 新世紀メンバーオーディション」の再募集も、8月時点で1次書類審査が終了したとアナウンスされている。『コンサートツアー秋~MY VISION~』では、ツアーファイナルに日本武道館公演が追加され、そこで大きな発表があるとも予想することができる。牧野は今後、グループを牽引できるような存在へと成長できるか? 今回のツアーはそれを占うものとなるだろう。

渡辺彰浩

最終更新:10/3(月) 7:02

リアルサウンド