ここから本文です

W杯アジア予選、10月の結果次第で日本は「3位に定着」のおそれ

webスポルティーバ 10/3(月) 7:10配信

◆ヤバイぞ、アジア最終予選2~杉山茂樹×浅田真樹(前編)

浅田:W杯アジア最終予選は心配していた通りの展開になりました。ただ、1、2戦は苦労するとは思っていたし、UAEとの引き分けは十分あり得ると思っていたけど、負ける可能性はそんなに高くないと思っていました。ましてや1点先制してから逆転されるというのは、確率的に相当低いというか、いくら「危ない、危ない」とは言っていても、そこまでは想定してなかった。

W杯最終予選、初戦のUAE戦でまさかの逆転負けを喫した日本

杉山:面構えからして向こうのほうが上だったね。図々しいというか、そんなに弱いつもりでやってない。日本は負け方が悪いんですよ。同じ1-2で負けても、「もう1回やったら絶対勝てる」という1-2と、「次もヤバいよ」という1-2があるんだけど、明らかに後者なんです。だから、ただ負けただけの問題ではない。

 タイ戦もダメでした。僕はタイがもう少し強いかと思っていたけど、弱かった。ちょっとうまいんだけど虚弱体質で、3人で行けば潰れちゃうみたいなサッカーだから、負ける恐れはなかった。そんな最も戦いやすい相手に、2点しか取れない。しかも1発、思いっきり危ないシーンがあったでしょう。あれが入っていたら大事件。日本サッカー界は今頃、お通夜ですよ。誰も言わないけど、GK西川周作の大殊勲です。

浅田:現地で見た日本戦の2試合だけじゃなくて、各チームが2試合ずつやったのをざっくりテレビで見た印象で言うと、今回、グループBでW杯に行けそうなのは、僕はオーストラリア、日本、UAEの3カ国じゃないかと思いました。そこからサウジアラビアがちょっと落ちて、イラク、タイはさらにもうちょっと落ちるかな、という感じ。ただしそれほど全体の力の差はないから、取りこぼす可能性は十分にある。だから上の3カ国の直接対決はもちろん重要だけれど、逆に言うとそれ以外の国にいかに取りこぼさないでいくかというのがカギになってくるのかなというイメージです。

杉山:UAEに負けたわけじゃないですか。でも全体の順位で言うと、日本が3位でUAEが4位。日本より上に2ついることが問題で、2位までに入るということを考えると、UAEが1位だったら何も問題はないんだけど、UAEに負けたのにUAEが自分たちより下にいるということで、簡単な話ではなくなってきた。

浅田:3強の直接対決で、日本がホームで負けているというのは、後々響いてくる可能性はありますね。単純に直接対決でいえば、2節でオーストラリアはUAEに勝っているから、オーストラリア2勝、UAE1勝1敗、日本1敗。日本が次にオーストラリアに勝てばみんな1勝1敗になるけど、日本が負ければ日本2敗、オーストラリア2勝、UAE1勝1敗と、そこで完全に1歩遅れることになる。だからオーストラリア戦の意味がでかくなっちゃいました。

1/3ページ

最終更新:10/3(月) 16:50

webスポルティーバ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Sportiva

集英社

Sportivaムック
11月10日発売

定価 本体1,389円+税

フィギュアスケート特集
『羽生結弦 未来を創る人』
■羽生結弦 インタビュー、エッセイ
■羽生結弦 フォトギャラリー