ここから本文です

アクネ・ストゥディオズが考える、ボーダーレス時代のトライバルファッションとは?

VOGUE JAPAN 10/3(月) 14:48配信

19世紀後半に建築され、現在はパリ商工会議所のオフィスとして使われているオテル・ポトツキでショーをおこなったアクネ・ストゥディオズ。クリエイティブディレクターのジョニー・ヨハンソンは「情報があふれるデジタル時代に暮らしているのに、国境を封鎖したがる国がたくさんある、ということに興味を持った」と語り、中東や北アフリカの民族衣装にインスパイアされたコレクションを見せた。

サンドベージュやスモーキーカラーでペイズリーやストライプ、チェック、ジオメトリック柄をプリント。オーバーサイズのチュニックやカフタン、スカーフをパッチワークしたようなドレス、ミドルゲージニットなどゆったりとしたシルエットのアイテムが登場した。足もとはビジュー付フラットシューズやカーブしたヒールが特徴的なパンプスだ。

Text by Yoko Era

最終更新:10/3(月) 14:48

VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月28日発売

700円(税込み)

「超豪華!国内外の「OVER THE TOP」な女性たちの大特集
「Women of the Year」、「VOGUE BEAUTY AWARD」を発表」

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。