ここから本文です

アクネ・ストゥディオズが考える、ボーダーレス時代のトライバルファッションとは?

VOGUE JAPAN 2016/10/3(月) 14:48配信

19世紀後半に建築され、現在はパリ商工会議所のオフィスとして使われているオテル・ポトツキでショーをおこなったアクネ・ストゥディオズ。クリエイティブディレクターのジョニー・ヨハンソンは「情報があふれるデジタル時代に暮らしているのに、国境を封鎖したがる国がたくさんある、ということに興味を持った」と語り、中東や北アフリカの民族衣装にインスパイアされたコレクションを見せた。

サンドベージュやスモーキーカラーでペイズリーやストライプ、チェック、ジオメトリック柄をプリント。オーバーサイズのチュニックやカフタン、スカーフをパッチワークしたようなドレス、ミドルゲージニットなどゆったりとしたシルエットのアイテムが登場した。足もとはビジュー付フラットシューズやカーブしたヒールが特徴的なパンプスだ。

Text by Yoko Era

最終更新:2016/10/3(月) 14:48

VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年3月号
2017年1月28日発売

700円(税込み)

ヴォーグ流「イージーエレガンス」を伝授!
別冊付録は大好評「2017S/S Bag & Shoesカラー図鑑」