ここから本文です

奇人変人が集う東京藝大 卒業生の半分は“行方不明”に

Book Bang 10/3(月) 11:39配信

 作家の高橋源一郎(65)さんが司会を務めるNHKラジオ第1の「すっぴん!」(9月30日放送回)のコーナー「源ちゃんのゲンダイ国語」で、東京藝術大学に集う芸術家の卵たちの奇妙な生態を描いた『最後の秘境 東京藝大―天才たちのカオスな日常―』二宮敦人[著](新潮社)がとりあげられた。

■売れてます!

 同書は現在Amazonの高等教育部門でベストセラー第1位となっており、とても売れているとの報に高橋さんは「これは面白いわ」と納得したようす。そして「今の世の中は『変わった人(奇人変人)』が住みにくくなってきた。そういう人は淘汰されて、特別天然記念物みたいになりつつある。しかしそういう人が集団でいるところがある」と天才たちが集う「芸術界の東大」を紹介した。

 著者の二宮さんは妻が現役の藝大生。妻のおかしさから他の藝大生へも興味が広がり、妻を案内役として藝大での取材をはじめた。才能が試される特異な入学試験や専攻ごとの藝大生の特徴、音校(音楽学校)と美校(美術学校)の違いなど、藝大のカオスな実情が描かれている。

■両極端な音校と美校

 同書の中から高橋さんがまず注目したのは、音校と美校の文化の違い。なにごとにも自由なのが美校で厳格なのが音校。それをよくあらわしているのがそれぞれの教授会。ある日の美校の教授会では1人を除いて全員が遅刻をしていたという。しかし音校は時間厳守が絶対。生徒たちはレッスンの30分前には揃い部屋や楽器の準備をしている。教授たちも同様で会議が始まる前には全員揃っているという。

 また音校の生徒たちは人前で演奏をするため、きちんとしたみなりをしているが、美校の生徒たちは作業が多いため基本的にはジャージ。高橋さんは「考えてみたら美術の方と音楽の方では全く違う。両極端が揃ってる」と多様な側面をもつ藝大に関心をあらわしていた。

■藝大生の進路は……

 とりあげられる藝大生は口笛の世界チャンピオン、パフォーマーとともに「つけぼくろ」で悩み相談をする者、ブラジャーを仮面に究極の美を追究する者、水中に沈めた楽器を演奏する者等々、奇人変人ばかり。そこまで藝大を調べてきた二宮さんが最後に心配になったのは「彼らが卒業してからどうしているのか?」ということ。ある人から「半分くらいは行方不明よ」と言われ驚愕する。まさかと思い調べてみると、平成27年度の卒業生486名中225名が進路未定だったという。

 高橋さんは「芸術的表現ってのは『変わってる』と紙一重。みんなと同じじゃダメ。普通の社会ではやりにくい。それを学校で許されてやれるっていうのはいいと思うなあ。こういう場所がたくさんあるといいのに」と偉大な芸術家を何名も生み出してきた藝大に敬意を表した。

「すっぴん!」はNHKラジオ第1放送にて月曜から金曜8:05から日替わりのパーソナリティーで放送中。高橋源一郎さんは金曜日を担当している。「源ちゃんのゲンダイ国語」のコーナーはNHKラジオ第1のウェブサイトのストリーミング(http://www.nhk.or.jp/suppin/streaming.html)放送でも聞くことができる。

Book Bang編集部

SHINCHOSHA All Rights Reserved.

最終更新:10/5(水) 12:01

Book Bang

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。