ここから本文です

ラインというより、もはやシャドウ…悲しき一重のアイメイク問題攻略法! [VOCE]

講談社 JOSEISHI.NET 10/3(月) 18:00配信

一重さんのアイメイク問題を救済すべく大研究!  メイクの底力でパッチリデカ目はここまで実現!

実験1:黒ライナー、どこまで塗るとラインが見える?

目を開けたときに、ラインがはっきり見える太さを探ってみたら、なんとその幅は1cmにも!

目のキワからもっとも幅が太い部分を計測。目を開けているときはいいけれど、目を閉じると驚くほどのインパクトが。

実験2:ブラウンとスモーキーなアイシャドウでさりげないライン効果を狙ってみる

実験1の結果を踏まえ、アイライナーではなくアイシャドウの締め色でライン効果を出せるか検証。広げる幅は先ほど計測したキワから1cmが目安。結果、目の輪郭はくっきりしながら自然な仕上がりに!

左下の色を使用。インテグレート トリプル レシピアイズ GR701/資生堂

スモーキーカラーだとニュアンスのある目元に。大人っぽさもプラスされてオススメ。

左下を使用。カネボウ セレクションカラーズアイシャドウ 01/カネボウインターナショナルDiv.

実験3:赤系のシャドウは、腫れぼったく見える?

流行の赤シャドウを使いこなすには? そこでマットな赤とラメ入りの赤をつけ比べてみたところ、マットなタイプは腫れぼったく見えることが判明。肌自体の赤みに見せるにはラメ入りタイプが正解!

肌になじんでしまうマットな赤に比べ、ラメのキラキラ感で優しい雰囲気に。これなら一重さんも旬の赤シャドウを使いこなせる!

アイホールまで広げてラメ&色を見せるとオシャレ! ディオールショウモノ グロス 764/パルファン・クリスチャン・ディオール

教えてくれたのは

ヘア&メイクアップアーティスト 野口由佳さん

最終更新:10/3(月) 18:00

講談社 JOSEISHI.NET

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。