ここから本文です

早朝も、深夜も、テイクアウトでも。今すぐ行きたくなる東京アドレス。

VOGUE JAPAN 10/3(月) 21:30配信

仕事の前にエステに行っておきたい。深夜だけど素敵なブーケを購入したい。そんなわがままな欲求を叶えてくれるのが東京という街。

『VOGUE JAPAN』11月号では、「See Now Go Now!」をテーマに、思い立ったらすぐに行ける最新アドレスをお届け。イギリスのフィッシュ&チップスやキューバのサンドイッチなど、予約をせずに本格的な世界各国メニューをテイクアウトできる店は、気軽かつ満足感もたっぷり。

時間を気にせずに堪能できる24時間オープンのラウンジや、早朝から受けられる贅沢なエステ、罪悪感は忘れて堪能したい深夜ドーナツにも注目だ。

今すぐでも、明日にでも、欲望を満たしてくれる東京アドレスに出かけよう。

「おひとりさま」でも。ではなく、「おひとりさま」のための最新スポットへ。

ここ数年、急浮上しているワード、「おひとりさま」。今回『VOGUE JAPAN』11月号では、気が向いた時にひとりでも行きたくなる「おひとりさま」のためのアドレスを幅広くご紹介。「ひとり焼肉」や「ひとりフルコース」などのレストランはもちろん、身ひとつで訪れても「ひとりオフィス」の環境が整うワークスペースに、ひとり専用のカラオケなどのエンタメ空間は、内容も充実したスポットばかり。

「おひとりさま」初心者のあなたも、ひとりだからこそ楽しむために進化した東京スポットへ今すぐ足を運ぼう。

Text by Shizue Hamano

最終更新:10/3(月) 21:30

VOGUE JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【VOGUE JAPAN】

コンデナスト・ジャパン

2017年1月号
2016年11月28日発売

700円(税込み)

「超豪華!国内外の「OVER THE TOP」な女性たちの大特集
「Women of the Year」、「VOGUE BEAUTY AWARD」を発表」

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。