ここから本文です

伝説のバンド、その真実が見えてくるスーパー貴重なドキュメンタリー『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years』 [FRaU]

講談社 JOSEISHI.NET 10/3(月) 19:00配信

解散からすでに半世紀近くも経っているのに、その曲は今なお、世界中で新たな世代に愛され続けているーー。そんな伝説のバンドは、ビートルズをおいて他にないでしょう。あれだけの名曲を生み出しながら、じつはビートルズの活動期間はそれほど長くありません。ライヴツアーを行ったのは、1963年から1966年までのわずか4年間。その間の彼らの「真実」に迫った貴重なドキュメンタリーです。

各国で迎えるファンの熱狂(日本武道館でのコンサートの映像も!)はもちろんですが、TV番組の出演や、直筆の歌詞、レコーディング中の会話など、ビートルズのファンにもレアなネタがぎっしり。日本の浅井慎平ら、さまざまな証言者のコメントも当時のカリスマ的人気を伝えてくれます。とくにウーピー・ゴールドバーグの少女時代の思い出には、素直に胸が熱くなることでしょう。

約4年間を振り返る本作ですが、最初は少年のようだったメンバーが、世界的ビッグネームとなって、外見も「大物」に変貌する姿は印象的です。監督はこの秋、『インフェルノ』も公開される、ロン・ハワード。過剰にドラマチックに盛り上げる展開ではなく、冷静に50年前の事実を追う作りに徹した構成が、職人監督のハワードらしいです。それでも観ているこちらのテンションが上がるのは、やはりビートルズの音楽の「力」ゆえですね。


『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years』 角川シネマ有楽町ほか全国公開中

最終更新:10/3(月) 19:00

講談社 JOSEISHI.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。