ここから本文です

川栄李奈が“死神の目”を持つ超危険人物に? 『デスノートLNW』本編特別映像公開へ

リアルサウンド 10/3(月) 12:22配信

 10月29日より公開される『デスノート Light up the NEW world』より、川栄李奈演じる青井さくらの本編映像が公開された。

 本作は、大場つぐみと小畑健による原作コミックを映画化した『DEATH NOTE』シリーズの正統続編。キラとLの対決から10年後を舞台に、デスノート対策本部捜査官・三島、Lの後継者・竜崎、キラ信奉者のサイバーテロリスト・紫苑らによるデスノート争奪戦を描く。

 三島を東出昌大、竜崎を池松壮亮、紫苑を菅田将暉がそれぞれ演じるほか、戸田恵梨香、船越英一郎、川栄李奈が名を連ねる。監督は『アイアムアヒーロー』の佐藤信介が務めた。

 このたび、公開された本編映像は、緊急要請を受け事件発生現場へと向かうデスノート対策本部特別チームの車内からスタート。車内のモニターからは、デスノートによるものと推定される被害者が道に沿って次々に出ている様子が映し出され、「……まるで、通り魔だな」と浦上衛(大迫一平)の言葉を聞き、かなり険しい表情を浮かべる三島の顔が。次に映し出されるのは、深くフードをかぶり渋谷の街を進んでいく、青井さくら(川栄李奈)の姿。赤く目を光らせ、すれ違う人々の名前をデスノートに書き込んでいく……。

「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」という死神のノート、“デスノート”は「デスノートは書く人物の顔が頭に入っていないと効果は得られない。ゆえに、同姓同名の人物は死なない」というルールを持っている。青井さくらが見知らぬ人間の名前を知ることができるのは、彼女が“死神の目の契約”をしているから。残りの寿命の半分を死神に差し出し“死神の目”を契約すると、顔を見るだけでその人物の本名がわかる力を得ることができるからだ。公開された映像では、青井の“死神の目”の視点も映し出されている。(リアルサウンド編集部)

リアルサウンド編集部

最終更新:10/3(月) 12:22

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。