ここから本文です

インテル長友がローマ戦で途中出場 1-2敗戦もイタリアメディアは「マーカーとして有用」と評価

Football ZONE web 10/3(月) 11:03配信

長友のリーグ戦出場はフル出場したキエーボ戦以来、6試合ぶりのプレー

 インテルの日本代表DF長友佑都は、現地時間2日のローマ戦で0-1とビハインドのまま迎えた後半17分から途中出場した。リーグ戦では開幕のキエーボ戦でフル出場して以来、6試合ぶりのプレーとなったが、両チームがその後に1点ずつを奪うゲーム展開となり、インテルは1-2と敗戦した。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 試合後の採点を公開したイタリアメディアは、長友について「彼がピッチに立つとサラーが元気を失う」と、久々のエースキラーぶりに一定の評価を下し、及第点のプレーだったとしている。

 インテルはこのゲームで、右にクリスティアン・アンサルディ、左にダビデ・サントンの両サイドバックでスタートしたが、前半5分にあっさりと先制を許した。ローマFWモハメド・サラーにサントンが引き付けられると、MFブルーノ・ペレスにセンターバックとの間を割られ、FWエディン・ジェコにラストパスを通されて失点。敵地で早々に1点のビハインドを負い、序盤から劣勢に立たされていた。

 後半に入ってもインテルは苦戦を強いられ、同10分過ぎには立て続けにサラーにチャンスメークを許した。そうした状況を見かねたフランク・デブール監督は、長友にウオーミングアップを指令。同17分にアンサルディとの交代でピッチに送り込まれ、サントンが右に回って長友がサラーのマーカーになった。

「ゴールになり得るボールを供給」の寸評も

 サラーのマークに付いた長友だったが、攻撃面でも躍動した。後半23分には攻撃参加してペレスを鮮やかな股抜きで抜き去ると、中央へマイナスのクロスを供給。FWマウロ・イカルディがトラップミスをしたものの、その先にいたMFアサン・デモヤ・ニュクリがシュートを放った。

 これは枠を大きく外れたが、得点の匂いを感じさせる場面を創出すると、その4分後にMFエベル・バネガがイカルディのラストパスから同点ゴールを決めて、インテルが1-1の同点に追いついた。

 流れはインテルへと傾いたかに思われたが、後半31分にセットプレーからDFコスタス・マノラスのヘディングで勝ち越し弾を許したインテルは1-2と敗戦。今後、上位を争うであろうローマとの直接対決で手痛い黒星を喫した。

 28分間の出場となった長友に、現地メディアでは「6点」の及第点が並んだ。インテル専門のニュースサイト「FCインテルニュース」は「6点」を与えたうえで、「ペレスを股抜きで抜き去ってニュクリのゴールになり得るボールを供給した」と、攻撃面での貢献に言及して一定の評価を与えた。

1/2ページ

最終更新:10/3(月) 11:03

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。