ここから本文です

武藤、右膝靭帯負傷で「数週間」離脱へ。マインツが発表

フットボールチャンネル 10/3(月) 7:10配信

 マインツは2日、同クラブ所属の日本代表FW武藤嘉紀が右膝の内側側副靭帯を痛めたとして、「今後数週間」の離脱を強いられる見通しであると発表した。

何度でも見たくなる!! 久保建英くんのスゴさがわかる動画

 武藤は現地時間9月29日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第2節のガバラ戦で負傷。翌日にマインツ大学でMRI検査を受けたあと、1日に2度目の検査を受けていた。

 武藤は手術を受けず、保存療法で回復を目指すとのことだ。ガバラ戦では先制点を記録してマン・オブ・ザ・マッチに選出されるなど、出場機会を与えられれば結果を出していただけに、マインツにとっては手痛い戦力ダウンとなりそうだ。

 ロシアワールドカップ・アジア最終予選のイラク戦、オーストラリア戦に臨む日本代表にも招集されていた武藤だが、日本サッカー協会(JFA)は同選手の負傷による離脱を1日に発表していた。

フットボールチャンネル

最終更新:10/3(月) 7:10

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。