ここから本文です

開幕戦以来の出場を果たした長友に伊メディアは及第点。決定機演出など評価

フットボールチャンネル 10/3(月) 7:12配信

【ローマ 2-1 インテル セリエA 第7節】

 イタリア・セリエA第7節が現地時間の2日に行なわれ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルはアウェイでローマと対戦し1-2と敗北を喫した。

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

 開幕戦に敗れてからは3勝2分けと着実に勝ち点を重ね、前節終了時点で3位まで順位を上げていたインテル。難敵ローマを下してさらに上位をうかがいたいところだったが、黒星に終わり暫定9位と大きく順位を落としてしまった。

 開幕戦にフル出場して以来、セリエAでは出場機会を得ることができていなかった長友だが、この試合はDFクリスティアン・アンサルディとの交代で62分から出場。6試合ぶりにピッチに立ち、約30分間プレーした。

 イタリアメディアは、この日の長友のプレーに及第点の評価を下している。イタリア『カルチョメルカート.com』は長友に「6.0」を付け、「彼が入った時点で(ローマのエジプト代表FW)サラーはそれほど元気ではなくなっていたとも言えるが、マークすることになればおそらく効果的になっていただろう」と好意的な見方を示した。サラーは長友が出場した8分後にはベンチに退いている。

 『FCインテルニュース.it』は同じく「6.0」を付け、「ニュクリの決定機に繋がったペレスへの股抜きで登場の挨拶」と、左サイドを突破して好機を演出した68分のプレーをポイントに挙げた。『トゥットメルカートウェブ.com』も同じく「6.0」の評価をつけている。

 フランク・デ・ブール新監督の下でベンチに座る試合が続き、苦戦を強いられていた長友だが、日本代表への合流前に出場機会を得ることができた。中断後を挟んで再開されるリーグ戦で、これまでの状況を変えていくことができるだろうか。

【得点者】
5分 1-0 ジェコ(ローマ)
72分 1-1 バネガ(インテル)
76分 2-1 マノラス(ローマ)

フットボールチャンネル

最終更新:10/3(月) 7:28

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。