ここから本文です

リーガ2敗目のバルサに浮上した“守護神問題” 決勝点献上の凡ミスに独代表GK「僕のミスだ」

Football ZONE web 10/3(月) 13:30配信

守備崩壊でセルタに3-4と敗戦 戦犯となったGKテア・シュテーゲン

 今季のバルセロナは、“守護神問題”と付き合い続けなければならないのかもしれない。チームは現地時間2日のリーガ・エスパニョーラ第7節セルタ戦を3-4で落とした。ドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンの軽率なミスによる失点が大きく響き、本人が試合後「この結果は自分のせいだ」と謝罪する状況に陥った。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 この日のバルサは、守備陣がパニックに陥った。序盤こそブラジル代表FWネイマール、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスの個人能力でゴールに迫ったものの、前半22分にテア・シュテーゲンからのビルドアップのパスがわずかにずれたところを狙われてボールを失い、最後はセルタのMFピオネ・シストに先制点を許した。さらに同31分、33分と立て続けに失点し、前半で3点のビハインドを追うまさかの展開となった。

 バルサは後半13分にスペイン代表DFジェラール・ピケのヘディング、そしてその6分後にはPKを獲得し、ネイマールが決めて1点差とした。ところが追い上げムードに水を差したのが、テア・シュテーゲンだった。同32分、バックパスを受けた守護神は左サイドの味方にボールを渡そうと浮き球のパスを選択する。だがこのボールが、猛然とチェイスをかけてきたセルタMFパブロ・ヘルナンデスの頭に当たってしまい、そのままゴールラインを超えた。

 まさかの凡ミスによる失点に守護神はやりようのない表情を浮かべるしかなく、チームも同42分にピケがこの日2点目を決めて再び1点差に追い上げたが、時すでに遅しだった。試合後、テア・シュテーゲンは「BeIN SPORTS」のフラッシュインタビューに応じたが、力ない表情でこう語った。

昨季はシーズン5敗も今季はすでに2敗目

 「誰もが見ての通り、これは僕のミスだった。勝てたはずなのに僕がミスしたんだ。前半はいい戦いをできず厳しかったけど、後半はいい戦いだった。ミスがなければ勝てたはずの試合だった。とにかく申し訳ない」と繰り返し謝るほかなかった。

 バルサはリーガ連覇を達成した昨季、シーズンを通して5敗しかしていないが、今季は開幕7試合の時点ですでに2敗。特に不安定なのは最後方のGKで、今夏の移籍市場でチリ代表GKクラウディオ・ブラーボをマンチェスター・シティに放出し、代わりに獲得したオランダ代表GKイェスパー・シレッセンも、デビュー戦となったリーガ第3節アラベス戦で2失点を喫して1-2とゲームを落とした。

 そして今回はビルドアップ能力に優れているはずのテア・シュテーゲンが決勝点を献上する凡ミスを犯したこともあり、バルサの守護神に対する目はさらに厳しいものになりそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/3(月) 13:30

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。