ここから本文です

ライバル躍動で窮地のセビージャ清武 超絶アシストの天才司令塔を指揮官が「別格」と絶賛

Football ZONE web 10/3(月) 20:20配信

アラベス戦で先制点を演出したガンソの評価が急上昇

 日本代表MF清武弘嗣がセビージャで出場機会に恵まれない一方、同じポジションのライバルがチーム内での評価を一気に高めている。1日のリーガ・エスパニョーラ第7節アラベス戦(2-1)で、元ブラジル代表MFガンソが超絶ヒールパスで先制点をアシストすると、ホルヘ・サンパオリ監督は「別格の選手」と絶賛している。スペイン地元紙「マルカ」が報じた。

最新推定市場価格2016 「世界で最も価値のあるプレーヤー100人」

 後半16分から途中出場を果たしたガンソは同29分に超絶テクニックを披露した。味方からボールを受けたガンソは、相手マーカーの激しいチェックを受けて体勢を崩した。だが、巧みにバランスを取ると、FWベン・イェデルに左足のヒールパスで完璧なスルーパスを通す。ストライカーがゴールネットを揺らすと、本拠地サンチェス・ピスファンは熱狂の渦と化した。

 アルゼンチンの闘将サンパオリ監督は、かつてサントスでバルセロナFWネイマールと並ぶ至宝と呼ばれていたクラシカルな司令塔を絶賛した。

「ガンソには確固たる理由があって(セビージャに)加入した。彼はあんなプレーをやってのけることができる別格の選手なんだ。彼は愛されていると感じれば、ファンが感激できるような多くの理由をもたらすだろうね」

 サポーターが惜しみない愛情をガンソに降り注げば、異次元のプレーを見せることができると指揮官は強調している。

ガンソの台頭で清武はさらなる苦境に

 このアシストには「マルカ」紙も、「信じられないガンソ! 誰もが想像できないバックヒールパスで、イェデルのフリーを作った。彼のアシストはセビージャ対アラベスのチケットを買う価値があったことを証明した」と絶賛していた。

 2得点のベン・イェデルについても指揮官は、「すごく嬉しいよ。彼はセビージャで適応に苦しんでいた。言葉、チームメートとの相互理解、戦術にね。だが、この2試合で彼がなぜセビージャにいるのかを示すことができた」と語った。

 開幕当初は出場機会を得ていた清武だが、この日は2試合目のベンチ外となった。マンチェスター・シティから期限付き移籍で加入したMFサミル・ナスリの躍動によりスタメンの座を失い、ブラジルサッカー界屈指の司令塔もついに才能の輝きを示している。

 日本代表のワールドカップ・アジア最終予選に参戦するため、タイミング悪くチームを離れることになった清武は、スペイン屈指の強豪で窮地を迎えている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/3(月) 20:20

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。