ここから本文です

「ピッチの上で自分たちの価値を証明すべき」 停滞感漂うハリルジャパンに主将の長谷部が喝

Football ZONE web 10/3(月) 22:03配信

軒並みクラブでレギュラー落ちの主力組

 6日のロシア・ワールドカップアジア最終予選イラク戦に臨む日本代表は3日、埼玉県内でトレーニングに臨んだ。練習後、主将を務めるMF長谷部誠(フランクフルト)が取材に応じ、出番に恵まれないMF香川真司(ドルトムント)、FW本田圭佑(ACミラン)らの現状について「信頼に応えるのは監督から選ばれた選手の使命」と、苦境にある主力選手たちを鼓舞しようと努めている。

【写真&リスト一覧】ハリルジャパン全27選手「最新推定市場価格ランキング」

 この日の練習は計20選手が参加。すでに合流していたMF清武弘嗣(セビージャ)はランニングやボール回しで汗を流す一方で、合流直後の長谷部やMF香川真司(ドルトムント)、FW原口元気(ヘルタ)らは別メニュー調整となった。「コンディションを取り戻すためにやっていこうという感じでした」と語ったキャプテンは、ヨーロッパから日本への移動について質問されると、長年の経験を踏まえてこう話している。

「個人的なことで言えば長い間やっていますし、年齢を重ねているので 自分の体と向き合っています。ただ、試合間隔に関しては中4日あるので、そんなに問題にないと思ってやっていますね。明日(試合2日前)にならないと全員がそろわないのは前回も経験しています。そこは戦う上、勝負する上では言い訳にはできないし、限られた時間の中で個人としてもチームとしても調整してやっていきたい」

 現在の海外組で大きな懸念となっているのが、所属するクラブで出場機会に恵まれていない選手が大量に存在する点だ。原口や酒井宏樹(マルセイユ)、酒井高徳(ハンブルガー)らはレギュラーを確保している。その一方で、長年にわたって日本代表を支えてきた香川、本田、DF長友佑都(インテル)、そして今季セビージャに移籍した清武といった面々はサブに回ることが多く、ベンチすら外れるケースも起きている。

崖っぷちのイラク戦へ主将は闘争心を煽る

 チーム内競争に巻き込まれ、その中でも劣勢にある現状を心配する向きも多い中、長谷部は該当する選手たちを慮りつつ、闘争心に火をつけようと意識しているのかもしれない。

「もちろん試合に出ていることに越したことはないと思いますけど、あまりこういう時は多くを語らず、ピッチの上で自分たちの価値を証明しなきゃいけないと思います。監督からは信頼されて選んでもらっていますし、それに応えるというのは選ばれた選手の使命だと思う。みんなで結果を出したい」

 長谷部自身は現地時間1日のフライブルク戦で3試合ぶりに先発復帰し、試合終了の瞬間まで戦った。今季リーグ戦6試合中4試合でフル出場を果たしており、試合勘の部分では心配なさそうだ。「答えはシンプルに、ピッチの上にあると思います」と語った男の働きかけは、クラブで苦しんでいる中心メンバーの心に火をつけるか――。不動の主将が、大事な10月連戦のキーマンとなりそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:10/3(月) 22:03

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。