ここから本文です

LAMP IN TERREN、ライブ会場限定シングル発売決定 映画『何者』挿入歌セルフカバーも収録

リアルサウンド 10/3(月) 22:00配信

 LAMP IN TERRENが、ライブ会場限定シングル『heartbeat』を発売することが決定した。

 同シングルには、2曲のラブソングを収録。表題曲「heartbeat(読み:ハートビート)」は、今年8月に『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016』のステージで初披露した楽曲で、脇阪侑希監督が手掛けた同曲のMVをあわせて公開した。

 また、カップリングの「pellucid(読み:ペルシード)」は、10月15日に公開がスタートする映画『何者』の劇中で、菅田将暉演じる光太郎がボーカルを務めるバンド“OVER MUSIC”に提供したラブバラード。同曲のセルフカバーを収録している。

 なお、同作は、今週末10月8日に開催する『FM802 MINAMI WHEEL』のライブ会場にて販売をスタートする。生産枚数に達し次第、販売終了となる。

リアルサウンド編集部

最終更新:10/3(月) 22:00

リアルサウンド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。