ここから本文です

「5-0や6-0であるべきだった試合」。“今季最高の出来“にも不満なモウ

フットボールチャンネル 10/3(月) 14:00配信

 マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、現地時間2日に行われたプレミアリーグ第7節ストーク・シティ戦は大差で勝つべき試合だったと主張している。2日付の『デイリー・メール』など英複数紙が試合後のコメントを伝えた。

本田、得点を生む“6つの技”を伊メディアが動画で紹介。カウンター、ドリブル、セットプレー…多彩な技でミランけん引

 ホームにストークを迎えたユナイテッドは、ストークのベテランGKリー・グラントの壁をなかなか破ることができなかったが、69分にFWアントニー・マルシャルのゴールで先制。だが82分に同点に追いつかれ、そのまま1-1のドローに終わった。

 前節は王者レスター・シティに快勝していたユナイテッドだが、内容的には今回の方が上回っていたと指揮官は感じているようだ。「レスター戦ではパフォーマンス以上の結果だったが、今日はその逆だ。パフォーマンスは圧倒的にベストだった」とモウリーニョ監督。「1分にビッグチャンスを迎え、最後にもビッグチャンスがあった。その間には4つ、5つ、6つ、7つのチャンスがあった」と試合を振り返った。

 だがグラントの好守やクロスバーなどに阻まれ、1ゴールのみに終わったことには不満を隠せない。「パフォーマンスには非常に満足しているが、5-0や6-0であるべきだった試合が1-1になれば幸福感は消え、結果への不満を抱いてしまう」

 勝ち点1の獲得にとどまったユナイテッドは、前節終了時と変わらず6位に位置している。中断を挟んで、次節はアウェイでリバプールと対戦する。

フットボールチャンネル

最終更新:10/3(月) 14:01

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。