ここから本文です

L・エンリケは守護神のミスを擁護「バルサのGKはリスクを冒すべき」

フットボールチャンネル 10/3(月) 17:00配信

 バルセロナのルイス・エンリケ監督は、セルタとの試合で敗戦に繋がるミスを犯したGKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンを擁護している。2日付のスペイン紙『ムンド・デポルティーボ』などが試合後の指揮官のコメントを伝えた。

【動画】元バルサユース久保建英、鮮やかドリブルでゴール演出!

 現地時間2日に行われたリーガエスパニョーラ第7節の試合で、バルサはアウェイでセルタと対戦。前半で0-3とリードされたあと、後半には一旦1点差まで詰め寄ったが、守護神の不用意なプレーにより反撃の勢いを断ち切られてしまった。

 自陣エリア内でボールを受けたテア・シュテーゲンは、プレッシャーをかけに来たセルタのMFパブロ・エルナンデスを浮き球のパスでかわそうとして失敗。ボールはP・エルナンデスの頭に当たってゴールに転がり込み、セルタが4-2と突き放した。終盤にもう1点を返したバルサだが、結局3-4での敗戦に終わっている。

 L・エンリケ監督は試合後に、「満足できるはずはない」とコメント。「今日は我々にとって最高の夜ではなかった。1対1に敗れたり、何度も先を読まれてしまったり、良い状態ではなかった。相手より劣っていた」と悔しさを見せた。

 だが、決定的なミスを犯した守護神を責めようとはしない。「あの場面ではもっと簡単な選択肢があったのは確か」だとしながらも、「試合に敗れる時は全員で敗れる。その一番目は私だ」と述べ、特定の選手に責任を負わせるべきではないことを強調した。「バルサのGKはリスクを冒さなければならない」と、プレースタイルを変える必要がないことも主張している。

 この試合に勝てば単独首位に浮上できる状況だったバルサだが、チャンスを活かすことはできなかった。アトレティコ・マドリーやセビージャにも抜かれ、4位に順位を落としている。

フットボールチャンネル

最終更新:10/3(月) 17:06

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。