ここから本文です

太田、得意のセットプレーでアピール「武器になる。厳しい試合ほど大事」

フットボールチャンネル 10/3(月) 22:03配信

 日本代表は3日、ロシアW杯アジア最終予選のイラク代表戦、オーストラリア代表戦に向けて埼玉県内で練習を行った。

【動画】本田、得点を生む“6つの技”を伊メディアが動画で紹介

 抜群の精度を誇る左足キックが持ち味の太田宏介。他の海外組同様、彼も所属するオランダ1部フィテッセでは出場機会が限定的だが「先月の代表合流前よりは試合に出た」と不安はなさそうだ。

 初戦のイラク戦は、中東のチームということで「ボールウォッチャーな感じはすごくする」と話す。さらに「ファー(サイド)についていなかったりしているから、局面の個人の打開と周りのサポートはすごく大事だなと思う」と続けた。

 オーストラリア戦もサイドからのクロスやセットプレーが鍵になると分析している。太田は「イラクとオーストラリアの試合を見て、セットプレーって武器になると思う。(日本)代表もセットプレーからの得点、この間もフリーキックからありましたけど、どんな試合でも厳しい試合ほど(セットプレーが)大事になってくると思うので、そういうところで出れたら、貢献できたら」と意気込んだ。

  9 月のUAE戦、タイ戦では酒井高徳が左サイドバックでプレーし、今回は長友佑都も代表復帰を果たしている。ポジション争いは激しいが、その高いキック精度でヴァイッド・ハリルホジッチ監督にアピールする。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル

最終更新:10/3(月) 22:29

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)