ここから本文です

から揚げ、天ぷら、春巻きを「揚げずに」サクッと作る!油はねも油の処理も心配なし!しかもカロリーオフ!【作ってみた】

ダ・ヴィンチニュース 10/3(月) 11:00配信

 鶏のから揚げ、とんかつ、コロッケなどの揚げものは子供から大人まで、みんな大好きなおかずですよね。そして、1番美味しいのが「揚げたて」。カリッ、サクッとした食感がたまりません。、一方で、大量の油を使う、油の処理が大変、揚げているときの油のはねが怖いと言った理由から、家では揚げ物は作らないという人も多いと思います。そんな人に対して、あの揚げたての美味しさをぜひ自宅でも味わってほしいという思いで『ちょっとの油でサクッとおいしい「揚げない」揚げもの』(石原洋子/日本文芸社)が発売されました。ここでは、大さじ1/2~6の油だけでできる、揚げない揚げものレシピが数多く紹介されており、これさえあれば家で出来立ての味を味わうことができます。そこで今回は、この中から3種類の“揚げもの”を作ってみました。

1、とろけたチーズが最高に美味しい「ハムカツ」(P.19)

 小麦粉を表面にふったハムの上に、チーズをのせ、その上にハムを重ねてはさみ、まわりを押さえて閉じます。これに小麦粉、溶き卵、パン粉を順番につけ、大さじ3のサラダ油を熱したフライパンで、両面キレイに焼き色がつくまで焼けば完成です。

 1品目は、子供も大好きなハムを使った揚げものレシピです。惣菜売り場や定食屋で人気のハムカツですが、このおかずの1番の売りは「チーズのトロトロ」です。このトロトロはやはり揚げたてでないと食べられない美味しさですが、ここでは、少量の油で焼くことで、あのトロトロを味わうことができました。ハムにチーズをはさむことで、ほどよい塩気とコクも加わり、お肉は使っていませんが、とても満足度の高い揚げものになっていました。

2、パリパリ衣の食感が新しい「鮭のアーモンドフライ」(P.55)

 塩こしょうで下味をつけた鮭に小麦粉をまぶし、溶き卵にくぐらせたらスライスアーモンドをまぶします。これを大さじ3のサラダ油を熱したフライパンに入れ、キレイな焼き色がつくまで両面焼きます。これにパセリのみじん切りを混ぜたマヨネーズを添えれば完成です。

 2品目は、ちょっと変わりごろもの揚げものレシピです。ここでは、お菓子作りなどでよく使われるスライスアーモンドを衣のように鮭につけて焼き上げました。焼くことでパリパリの食感&香ばしさが増したアーモンドが鮭の塩気とバッチリ合って、次々に食べられます。お酒のおつまみにもピッタリですよ。

3、たくたになったなすが絶品「なすの揚げびたし」(P.79)

 大さじ3のサラダ油を熱したフライパンになすを並べて表面全面に焼き色がつくまで焼きます。これを、だし汁、酒、みりん、しょうゆを煮立てた漬け汁につけて、みょうがと青じそを乗せれば完成です。

 3品目は、油との相性抜群のなすを使った揚げものレシピです。なすを表面がカリッとなるくらい香ばしく焼くことで、果肉がとっても柔らかくなり、甘みも増します。これが甘辛い漬け汁を吸って、本当に揚げなすを食べているような気分に。こちらも、日本酒などと一緒に味わえば、お酒が進むこと間違いなしです。

★これから我が家でも揚げない“揚げもの”の出番が増えそう!
 私自身、油のはねが怖く、できれば揚げものは避けてきていたのですが、やはり小さい子供や男性は揚げものが好きなので、困っていました。でも、揚げない「揚げもの」であれば(1)揚げ油がいらない(2)油の温度をはからなくていい(3)「油はね」がないから、怖くない(4)初心者でもカラッと香ばしくできる(5)冷めてもベタつかないというメリットがあるので、これなら自分にも出来そうな気がしてきました。ぜひ“揚げたて”アツアツを自宅で味わって下さい。

文=JUNKO

最終更新:10/3(月) 11:00

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。