ここから本文です

映画『金メダル男』公開記念! 内村光良と映画の関係、そのパーソナルに迫る『内村光良ぴあ』

ダ・ヴィンチニュース 10/3(月) 17:30配信

 内村光良が初の原作・脚本・監督・主演を務める映画「金メダル男」の公開を記念して、2016年10月3日(月)に『内村光良ぴあ』が発売された。

 内村にとって「ピーナッツ」(2006年)、「ボクたちの交換日記」(2013年)に続く3作目となる同映画は、2011年に上映された一人舞台『東京とリンピック生まれの男』が原案。内村は今回監督だけにとどまらず、原作・脚本・主演の4役を務め、全力で100%内村ワールドを作り出している。

 そんな同作の公開を記念して発売される『内村光良ぴあ』では、常に新しいことに挑戦し、次々と作品を生み出し続けるクリエーター・内村光良の魅力を1冊まるごと特集している。最新作を通して、監督・脚本家・俳優の視点で、内村の映画への深い愛情を軸にまとめられている。

 今回、内村と共にW主演として主人公・秋田泉一の少年時代を演じた知念侑季(Hey! Say! JUMP)や、内村執筆による原作同名小説の挿絵を手掛けた人気イラストレーター・五月女ケイ子らとの対談企画や、内村をよく知る関係者たちの「私しか知らない内村光良」「内村光良に金メダルをあげるなら」をテーマにした証言をとおして、内村自身、初めて気づく“本当の内村光良”の姿が浮かび上がってくる。

 それ以外にも、内村と映画の関係を紐解くヒストリーや“歴代オレのベスト10映画”なども明かされる。もちろん、2016年10月22日より全国公開となる「金メダル男」の最新情報も満載だ。公開を待ちきれない方は、すでに発売されている原作小説『金メダル男』と共に『内村光良ぴあ』も手に取ってみてほしい。

『金メダル男』(内村光良/中央公論新社)
日本中が東京オリンピックに沸いた1964年、長野県塩尻市に生まれた秋田泉一。幼少時代、徒競走で一等賞の金メダルを獲ったことをきっかけに「絵画コンクール」から「火起こし大会」まで数々の大会で金メダルを獲得し、一躍<塩尻の神童>と呼ばれるようになる。だがそれは、泉一にとって世の中のあらゆる一等賞を獲ることを目指す「金メダル男」への始まりに過ぎなかった―。

■映画「金メダル男」
公開日:2016年10月22日(土)全国公開
原作・脚本・監督: 内村光良
出演:内村光良、知念侑季(Hey! Say! JUMP)、木村多江、ムロツヨシ、土屋太鳳、平泉成、宮崎美子、笑福亭鶴瓶
配給:ショウゲート
(C)「金メダル男」製作委員会

最終更新:10/3(月) 17:30

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。