ここから本文です

シリコンバレーで鍛えた「現役医師のVC」

Forbes JAPAN 10/3(月) 9:00配信

「メドベンチャー・パートナーズ」は、日本初の医療機器専門のベンチャーキャピタル(VC)だ。設立は2013年10月。翌14年から投資を始め、すでに8つの案件を抱える。



CMO(Chief Medical Officer)の池野文昭は、長年シリコンバレーで医療ベンチャーのコンサルティングに携わってきた経験を活かし、日米を往復しながら事業に奔走している。

ことのはじまりは12年、官民ファンド「産業革新機構」から「立ち遅れた日本の医療機器産業を何とかするために、知恵を出してほしい」と声がかかったこと。当時シリコンバレーでは、医療機器VCが優れたアイデアを持つベンチャーを育て、大企業による買収で資金を得て、別のアイデアの実現を目指すという、エコシステムができあがっていた。

一方、日本の医療機器産業には技術も人材もアイデアもあるが、起業に必要な支援体制は整っていなかった。そこで池野に白羽の矢が立ったというわけだ。

池野は大学卒業後、循環器内科の医師として地域医療に従事した9年を経て、01年に渡米している。所属したのは傑出したアントレプレナーシップで知られるスタンフォード大学。だが、当初からビジネスに関心があったわけではない。「恥ずかしながら以前は、VCというとハゲタカのイメージしかありませんでした」

ラボでは医療機器開発のための動物実験に従事した。ベンチャーが持ち込むアイデア先行の医療機器に対して、実験に基づいて医師として対等なフィードバックを行う。そうした中で成功する医療機器が生まれ、池野の仕事も信頼を勝ち取っていった。勤務の傍らシリコンバレーで医療機器スタートアップ向けのコンサルタント業にも挑戦した。また自身で起業を体験し、リーマンショックでは挫折も味わった。

日本の医療VCはスタートしたばかりだが、早くも第二、第三の医療VCが誕生している。その中で池野は、先のような貴重な経験を活かし、有望なアイデアを見定めているのだ。

日本の医療機器産業を育てることによる効果は、単なる産業振興にとどまらない。

「現在、日本は医療機器だけで8,000億円の貿易赤字を出しているのです。これを黒字に転換できたら、社会保障費がどれだけ助かることか」

VCの力で社会を変える。池野の挑戦はまだ始まったばかりだ。

いけの・ふみあき◎1967年、静岡県出身。自治医科大学卒業。2001年よりスタンフォード大学にて循環器科での研究を開始、現在主任研究員。13年、MedVenture Partners設立、同社取締役CMOに就任。

Forbes JAPAN 編集部

最終更新:10/3(月) 9:00

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。