ここから本文です

【日本代表】柏木の確信。「オーストラリア、イラクの試合映像を見て…」

SOCCER DIGEST Web 10/3(月) 6:00配信

「プレーの幅を広げていかないといけない」

[J1第2ステージ14節]浦和 4-0 G大阪/10月1日/埼玉
 
 柏木の縦への意識が浦和の先制点を生むきっかけになった。6分、右サイドからの駒井のクロスをペナルティエリア付近で受けた柏木は、すかさず前方へパス。本人は、このシーンを次のように振り返っていた。

【イラク戦の予想スタメン】本田、香川、岡崎ら“冷遇中”の欧州組に頼るのはリスキーだ


 
「(駒井)善成にはマイナスを狙ってと言っておいた。俺のところは基本的フリーだからと。武藤が縦に抜けてくれるというのを感じていたので、俺は武藤しか考えてなかった」
 
 柏木の縦パスに抜け出した武藤はゴール前に流し、そのボールを最後は高木が決めている。早々と奪った先制弾を、柏木も完璧というようなニュアンスのことを言っていた。
 
「最近は(自分のプレーが)ゴールにつながっている。試合を通して落ち着いてプレーできていますね」
 
 ただ、柏木は課題も口にした。
 
「ちょっと裏に出すパスがね、合ってないというか。プレーの幅を広げていかないといけない」
 
 G大阪に4‐0と完勝しながらも、そうした言葉が出てくるのは10月の代表戦を意識しているからでもあるだろう。
 
「できれば、今回の代表戦には出たい。イラク、オーストラリアの試合をそれぞれ見たけど、守備の局面でプレスをかけてくる。イラク戦ではそんな中で簡単に叩きながらスペースを狙えばチャンスがあるなと。改めてパスをできる人が必要かなと思っているので、そこを意識してプレーしていきたいです」

最終更新:10/3(月) 6:00

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。