ここから本文です

【J1】第2ステージ・14節終了時のCS暫定組み合わせ。浦和が年間勝点で首位に浮上

SOCCER DIGEST Web 10/3(月) 17:00配信

川崎が敗れ、浦和は快勝したため、年間順位が入れ替わる。神戸にも出場の可能性。

 昨季に続き、今季も開催される「Jリーグチャンピオンシップ」は、最大5チームが出場の切符を手にできるレギュレーション。各ステージ覇者+年間勝点1~3位に出場権が与えられる。
 
 そして、第2ステージ・14節を終えた時点での暫定の組み合わせは表のとおり。川崎が神戸に敗れたため、G大阪を下した浦和が年間1位に。年間勝点2位に落ちた川崎と、第1ステージ覇者で年間勝点3位の鹿島が、準決勝(1回戦制)で戦うことになる。
 
 今節、川崎が年間で2位に、第2ステージでは3位に転落。浦和は、年間、第2ステージともに1位に浮上している。それでも両チーム間の年間勝点差は1ポイント。次節、浦和は新潟と、川崎は広島との対戦となる。
 
 そして川崎を破った神戸が、第2ステージ首位の浦和に5ポイント差で2位につける。仮に神戸がステージ首位となれば、4チームがチャンピオンシップに出場することになる。15節の仙台戦で勝利し、浦和にプレッシャーをかけられるか。第2ステージの優勝争いにも注目だ。
 
 チャンピオンシップは、11月6日(日)に1回戦、同23日(水・祝)に準決勝が行なわれ、ホーム&アウェー方式の決勝は第1戦が11月29日(火)、第2戦が12月3日(土)に行なわれる。

最終更新:10/3(月) 17:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。