ここから本文です

【J1採点&寸評】広島×FC東京|決勝点の中島がMOM。広島のCS出場の可能性が消滅

SOCCER DIGEST Web 10/3(月) 6:00配信

広島――両翼は奮闘したが…。

[J1第2ステージ14節]広島0-1FC東京/10月1日/Eスタ

【チーム採点・寸評】
広島 5
試合内容は悪くないからこそ勝負弱さが際立つ。P・ウタカが相手を上回れなければ、攻撃は非力なものになる。
 
【広島|採点・寸評】
GK
1 林 卓人 5.5
ピンチは多くなく冷静に試合を進めていったが、最後の最後に中島のシュートを止めることができず。
 
DF
33 塩谷 司 5.5
粘り強い対応を続けてカバーリングも迅速だったが、最後に中島を食い止めることはできなかった。
 
5 千葉和彦 5.5
持ち上がってロングシュートを狙う場面もあり積極的なプレーを続けたが、結末は残酷なものだった。
 
4 水本裕貴 5.5
危ういミスもあったが、リスク管理を怠ることなく球際での厳しさを見せて手堅く守った。
 
MF
14 ミキッチ 6
立ち上がりからエネルギッシュにプレーするもゴールにつながらず。首を振ってスタジアムを後にした。
 
6 青山敏弘 5.5
運動量を発揮してカウンターにも顔を出し果敢にミドルを放つも、ゴールを奪取することはできず。
 
28 丸谷拓也 5.5
冷静に自分の役割をこなしたが、最後の場面は粘り強さに欠けて中島をゴールに向かわせた。
 
18 柏 好文 6(85分OUT)
12分にはクロスに飛び込んでヘディングシュート。交代するまでゴールへの強い意欲を見せ続けた。

広島――前線のスタメンは機能不全に。

25 茶島雄介 5.5(62分OUT)
推進力のあるドリブルで攻撃を加速させてゴールへ向かっていくも、決め切れず62分に交代。
 
30 柴﨑晃誠 5
89分のチャンスはゴール前で余裕を持てなかった。うまく攻撃に絡むもアイディア不足は否めない。
 
FW
9 ピーター・ウタカ 5(77分OUT)
ペナルティエリア内で相手を振り切れなかった。純粋に森重と丸山の代表CBコンビが上だった。
 
交代出場
31 宮吉拓実 5(62分IN)
7試合ぶりに出場も、シュートに持ち込むことはできず期待には応えられなかった。
 
11 佐藤寿人 -(77分IN)
90分のボレーシュートはきっちりとミートして枠を捉えていた。止めたGKを褒めるべき。
 
16 清水航平 -(85分IN)
森保監督が最後のカードに選んだが、うまく試合に入れないままタイムアップを迎えた。
 
監督
森保 一 5
あれほど勝負強かった昨季の面影はなくなり、チャンピオンシップ出場の可能性は消滅した。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

1/2ページ

最終更新:10/3(月) 6:00

SOCCER DIGEST Web

なぜ今? 首相主導の働き方改革