ここから本文です

【日本代表】セビージャで難しい立場にある清武だが、「試合勘はすぐに鈍るものではない」ときっぱり

SOCCER DIGEST Web 10/3(月) 17:00配信

「レベルの高い練習ができて、周りにも巧い選手がいる。最高の環境」。

 渡欧5年目にして、初めての経験だ。
 
 今季からセビージャに新天地を求めた清武弘嗣は、開幕当初はピッチに立っていたが、徐々にトーンダウン。直近4試合はまったくゲームに絡むことができていない。
 
 日本に帰国する直前のリーガ7節・アラベス戦(10/1)は、まさかのベンチ外だった。「チームが勝ったことは良かった」と語る一方で、「その中に入れなかったのはすごく残念だし、悔しい想いもあります」と心境を吐露した。
 
 過去、ドイツ時代に所属していたニュルンベルクとハノーファーでは、主力として活躍してきた。「4年間は、うまくいっていたほうだなと思います」と清武自身も振り返る。
 
 しかし、セビージャでは現状、難しい立場に立たされている。「こういう環境を選んだのは自分だし、想定内と言えば、想定内」だが、「いざ、そうなってみると、やっぱり悔しい」と唇を噛む。
 
 プロとして試合に出られないのは納得できないだろう。目の前の壁を突き破るための努力を続けているのは当然で、日々のトレーニングに充実感を覚えている。
 
「(競争の)レベルはすごく高いですよ。ナスリもガンソもいるし、自分のポジションには、常に7、8人の選手がいて、その中で回していく感じです。誰がベンチ外になってもおかしくないけど、それを望んで来たわけだし、レベルの高い練習ができて、周りにも巧い選手がいる。最高の環境だと思います」
 
 だから、本人はそこまで焦っていない。「試合もまだたくさんありますし、集中して練習をやって、やり続けるしかない」と、泰然として構える。
 
 欠場が続くなかで懸念されるコンディション面に関しても、「試合勘はすぐに鈍るものではない」ときっぱり。もちろん、これまでの「ずっと(チームで)試合をしてきて、代表に来て試合をやって」というサイクルが崩れ、それがどう影響するかは「僕にも分からない」が、「他の海外組より早く入っているぶん、コンディションも良くなるだろうし、時差ボケも早く治ると思う」と頼もしく語る。

【日本代表PHOTO】イラク戦、豪州戦に向けたメンバー26人

1/2ページ

最終更新:10/3(月) 17:00

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。