ここから本文です

【鹿島】「フワッとやられて」大宮に完敗。危機感を持たなければ、手遅れになる

SOCCER DIGEST Web 10/3(月) 17:08配信

クラブ創立25周年の記念日だったが…。

 どうにも、成績が安定しない。
 
 夏場には、スルガ銀行チャンピオンシップを含め、公式戦4連敗を喫した。9月に入ると、天皇杯を挟んで公式戦3連勝と復調の兆しを見せたものの、“10月1日”の第2ステージ・14節の大宮戦は、1-3の完敗。この日は、クラブ創立25周年の記念すべき日だったが、ホームでいいところなく敗れ去った。
 
 たしかに、昌子源、遠藤康、西大伍と、主力クラスに怪我人が相次いでいることが、不調の要因のひとつかもしれない。
 
 しかし、右MFの遠藤の代わりは柴崎岳が務め、ボランチを本職とする柴崎の代わりに、中盤の底には小笠原満男、永木亮太と“新旧・日本代表”がコンビを組む。西の代役に抜擢されている伊東幸敏は、前任者に負けず劣らずの高いパフォーマンスを披露している。
 
 現・日本代表のCB昌子の離脱は確かに痛いが、それでもファン・ソッコ、ブエノ、植田直通と、十分にレギュラーを張れる3人が控えている。つまり、そこまで大幅な戦力ダウンはしていないのだ。
 
 それでも、第1ステージで見せていたような安定感は、ない。試合後、伊東が肩を落として言葉を絞り出す。
 
「正直、今はなにも言えないというか、ただただ悔しい。今日の試合が終わって、数週間が空いてしまうし、本当に勝って終わりたかった。どういう内容だったかとか、もう少し落ち着いてから考えたい。とにかく勝ちたかった。それだけです」
 
 土居聖真も悔しさを滲ませる。
 
「(大宮戦の)後半は、けっこうゴール前に迫力をもって飛び込んでいく形が、流れの中で多く作れていた。そういうアグレッシブな攻撃を、1試合を通してやらなければいけない。そこが課題だと思います」
 
 メモリアルゲームだったが、「不甲斐ない試合を見せてしまった。華を添えられなかった」と表情を暗くする。
 
――修正点を挙げるとすれば? 土居は次のように答える。
 
「ここ数試合が良かったのは、守備が安定していたから。今日は、めちゃくちゃ崩されたわけでもないけど、なんか……フワッとやられてしまった。やっぱり、守備ありきのサッカーかなとは思います」
 
 先述したように、大宮戦の前は3連勝を飾っている。流れは悪くなかった。それが嘘のように、大宮戦は内容に乏しかった。奪った1得点もオウンゴールだ。
 
 攻撃はどこか一辺倒で、守備では簡単に隙を与えてしまう。些細なきっかけで悪い方向へ転がる危うさが、今の鹿島には見え隠れする。
 
 まだ時間があるとはいえ、チャンピオンシップに向けて、不安が募る完敗だった。リーグ戦は残り3試合。その前の中断期間と合わせて、どこまで状態を上向きにできるか。個々が危機感を持って取り組まなければ、手遅れになる。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 

遠藤はもはや“危険人物”ではない? 大一番で浦和がもっとも警戒していたのも…

最終更新:10/3(月) 17:09

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。