ここから本文です

【日本代表】清武がハリルと居残り練習。イラク戦はトップ下起用か!?

SOCCER DIGEST Web 10/3(月) 20:08配信

本番を想定した複数のパターンで何本もシュートを放つ。

 10月3日、ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選の10月シリーズに挑む日本代表が、トレーニング2日目を迎えた。
 
 全体練習が終わった後、清武は他の選手と一緒に戻らず、ピッチに留まる。しばらくすると、ハリルホジッチ監督の指導の下、個別でのシュート練習が始まった。
 
 ゴールに背を向けた状態で、ハリルホジッチ監督や樋渡通訳と何本かパス交換をして、指揮官の長いパスに反転し、シュートを放つ。
 
 その他にも、受けて、はたいて、リターンをもらってからのシュートなど、本番を想定した複数のパターンで何本も打ち込んだ。
 
 時間にして、約15分。この“特別レッスン”が実施された場所は、中央のバイタルエリアだった。ボランチやCFとのコンビネーションで、前を向いた“トップ下”清武がゴールを狙う――イラク戦では、そんなシーンを期待したい。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 

【日本代表】「自分を証明するだけ」。崖っぷちに立たされる背番号10の悲壮なる覚悟

最終更新:10/3(月) 21:00

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。