ここから本文です

【日本代表】ボランチの熾烈な定位置争いを歓迎する長谷部。新たなライバル出現に「彼の良さは球際だったり…」

SOCCER DIGEST Web 10/3(月) 20:51配信

「良い競争のなかでやっていきたい」(長谷部)。

 10月3日、ロシア・ワールドカップ・アジア最終予選の10月シリーズに挑む日本代表が、トレーニング2日目を迎えた。
 
 この日、チームに合流した長谷部は、「明日(4日。試合の2日前)にならないと、全員が揃わないのは前回も経験している。勝負の中で、それを言い訳にはできない。限られた時間の中で、しっかりと個人としてもチームとしても、調整してやっていきたい」と表情を引き締める。
 
 今回の10月シリーズでは、鹿島の永木亮太が初招集されている。ポジションはボランチ。新たに加わったニューカマーについて、長谷部は次のように印象を語った。
 
「彼の良さは、球際だったりとか、厳しく行けるところだというのは、監督も言っていました。そういう部分で、今のチームにもたらしてくれる影響に期待したい」
 
 ハリルホジッチ監督が就任当初から要求している“デュエル”に優れる男は、頼もしい仲間であると同時に、ポジションを争う競争相手となる。
 
「ボランチで新しい選手が入ってきたら、個人的にも、ライバルになる。そこは良い競争のなかでやっていきたい」
 
 以前、長谷部はこんなことを言っていた。
 
「僕は僕で向上心を持ってやっています。現状に満足せず、もっと成長したいと貪欲にやっているからこそ、チーム内の競争に物足りなさを感じてしまう。高いレベルでスタメンを争うためにも、ライバルが必要。ボランチにそういう選手が出てきた時、自分がどんな化学反応を起こすのかは楽しみです」
 
 永木の存在は、チームの戦力アップにつながるのはもちろん、長谷部のさらなる進化を期待したい。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 

【日本代表】セビージャで難しい立場にある清武だが、「試合勘はすぐに鈍るものではない」ときっぱり

最終更新:10/3(月) 20:58

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。