ここから本文です

40代でガン発病…仕事とガンをうまく両立させるための条件とは?

週刊SPA! 10/3(月) 9:10配信

 日本人の2人に1人はかかると言われているガン。“不治の病”というイメージはいまだに根強いが、「ガンと診断されてからも働き続けることは可能」という事実もある。治療技術が進歩している分、昔ながらの常識に促われたままでは見失うことも多い。現代のリアルなガンとの付き合い方を考えてみたい。

◆平均年齢の高い職場はガンへの理解度高し!

<増田新太さん(仮名・45歳)>

がんの種類:腎臓ガン

進行度:ステージ1

治療費総額:20万円

職業:システムエンジニア

診断前の年収:700万円

診断後の年収:700万円

「ガンになったあとも、仕事量や内容は特に変わっていません」と話す増田新太さんは、腎臓ガンの手術で1か月ほど休職したのち職場復帰。以前と変わらず、社内のシステム管理を担当する部署で働いている。その後の経過観察も良好だ。

「ただ、開腹手術をした傷痕がズキズキと痛むこともあるので、まったく元通りというわけでもなく……。たまにパソコンの移動などの力仕事があるときは、同僚が代わってやってくれるようになりました。部内の男性社員では私が2番目に若いので、ガンになる前は自分が率先して力仕事をしていたんですが、それが今になって功を奏しているのかも(笑)」

 40代の増田さんが若手というだけあって、部内の平均年齢は高い。

「年配の方はガンへの理解がありますよね。『ウチの親戚もガンで……』みたいな話もよく聞きますし、他人事ではないみたいに考えてくれるのでありがたいです。50代の先輩に力仕事を任せるのは申しわけなさでいっぱいですが……」

 年収700万円程度とそれなりの稼ぎはあるが、10代の子供が3人いるため家計に余裕はなし。「家族に迷惑をかけるわけにはいかない」という思いも仕事へのモチベーションにもなっているとか。

「たまには無気力に陥るときもありますが、『ガンになってから、あいつは仕事ができなくなったな』と周囲に思われるのはイヤなんです。力仕事を助けてもらうことはあっても、病気にかこつけてサボったりとか、恥ずかしい仕事ぶりは見せたくない」

 仕事へのプライドを持ち続けることが、ガンと仕事をうまく両立させるための条件なのだろう。

― [40代でガン]の実態 ―

日刊SPA!

最終更新:10/3(月) 11:09

週刊SPA!

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊SPA!

扶桑社

2016年12月13日号
12月06日発売

¥390

・[転売で儲ける](秘)メソッド
・[ゲス不倫ブーム]知られざる波紋
・[痛すぎる発言]ランキング
・冬のボーナス[有名企業50社]対決

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。