ここから本文です

「今日月曜だから軽めに一杯だけ飲む?」 表参道のお洒落チョイ飲みに抜群な店5選

東京カレンダー 10/3(月) 5:20配信

仕事帰りに、予定の合間に、少しできた時間で軽く一杯。時間に追われがちな東京のオトナたちにとって、そんなひとときは間違いなく日々の暮らしの潤滑油になるはず!という訳で、東京一のトレンドタウン・表参道で見つけた、“チョイ飲み”ウエルカムな良店5軒を、いざご紹介!

【この記事の全ての写真】

パリから初上陸のオリーブオイル専門店が提案する、グルメなチョイ飲み

表参道に9月1日オープンしたばかりのオリーブオイル&シチリア食材専門店が『Cedric Casanova(セドリック・カサノヴァ)』だ。

本店はパリ10区の『La Tete Dans Las Olives(ラ・テット・ダン・レ・ゾリーヴ)』。顧客リストには、かのデュカス氏やエルメ氏といった名だたるシェフの名が連なる人気店である。

店内の物販スペースの奥には、こじんまりとしたカウンターとテーブルが。

ここで、オーナーのセドリック・カサノヴァ氏が自ら探し出したオリーブやドライトマト、ケイパーといった食材をアレンジした軽いつまみとワイン、さらには熱燗(!)の組み合わせで1杯、という楽しみ方が可能だ。

ふわりとハーブが香るジューシーなオリーブ、ぎゅっと旨みの詰まったドライトマト…。1杯のつもりが、どんどん杯が進む罪な美味しさに、シチリア食材の持つポテンシャルを思い知る。

ちょい飲み向けのセットは3種類で、どれも1,080円。シチリアの風土や生産者のこだわりについて聞きながら味わえば、より味わい深さもひとしおだ。8種のオリーブオイルのティスティングもでき、この味わいでさらにワインが進んでしまう。

気に入った食材は購入可能ゆえ、宅飲みもまた楽しみになるおまけ付き。さすがは、満を持して日本に上陸した話題店。クオリティの高いちょい飲み時間を満喫すべし!

正統派フレンチと厳選ワインをリーズナブルに楽しめる『bar à vin PARTAGER』

開業10周年を迎えた『表参道ヒルズ』にこの春登場した『bar à vin PARTAGER(バールアヴァンパルタージェ)』は、大阪梅田の人気フレンチバル『ル・コントワー』の姉妹店。スタイリッシュなカウンターで、本格フレンチやワインがリーズナブルに楽しめるとあって、オープン当初から人気を集めている。

ワインはハーフグラスで300円から、シャンパンも500円と驚きのリーズナブルさ。しかもアイドルタイムなしの通し営業ゆえ、予想外に時間が余ったときでもふらっと寄れるのがありがたい。

カウンターに座れば、目の前にはライブ感たっぷりのオープンキッチンが。至近距離で鮮やかに仕上げられていく正統派フレンチをタパスサイズで楽しみつつ、ひとりグラスを傾ける贅沢なひとときを過ごしてみては?

1/2ページ

最終更新:10/3(月) 5:20

東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2017年1月号
11月21日発売

定価800円(税込み)

RESTAURANT OF THE YEAR 2016
年末飲まずにいつ飲むの? 泡酒Award 2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。