ここから本文です

「銀色の卵」がその殻に映し出すのは 奇妙にゆがんだシカゴの摩天楼の姿

CREA WEB 10/3(月) 12:01配信

Magnificent View #1098クラウドゲート(アメリカ)

 高層ビルが立ち並ぶシカゴの都心に突如現れる、奇妙な形をした巨大な物体。いったい、何のためにここにあるのか……。

 これは、2006年に完成したパブリックアート。高さ10メートル、幅20メートルもある作品はひとつの大きな塊のように見えるが、168枚のステンレス板をつなぎ合わせたものだ。

 鏡のような表面に映し出されているのは、シカゴの街並み。ゆがんで映る街の姿は、見る角度によって次々と変化する。

 この斬新な作品の作者は、彫刻家のアニッシュ・カプーア。莫大な製作資金はすべて寄付金で賄われ、さらに製作スケジュールは2年の歳月を要したという一大プロジェクトだ。

 完成後は街のシンボルに。地元では、豆のような外観から「シルバービーン」と呼ばれ親しまれている。

芹澤和美

最終更新:10/3(月) 12:01

CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年1月号
12月7日発売

定価780円(税込)

食べてのんびり、また食べる
ゆるむ、台湾。

Jun.K(From 2PM)「これからも僕らは」
台湾二大人気占い師が占う「2017年わたしの運命」

ほか

Yahoo!ニュースからのお知らせ