ここから本文です

SOD社長「AVは『マーケティング』ではつくれない!」

R25 10/4(火) 7:00配信

アダルトデジタルコンテンツ市場のリーディングカンパニー、ソフト・オン・デマンド(以下、SOD)。今年、創立20周年を目前に創業者・高橋がなり氏からの「つまらなくなった会社をどうにかしろ」という指令のもと、新社長に任命されたのが、新卒入社以来AV監督として活躍していた野本ダイトリ氏である。

現在、会社の改革に奔走する野本氏に、目指す組織のあり方について聞くとともに、若手ビジネスマンが学びたい「仕事との向き合い方」のヒントを探る。

●「お役所みたい」になった会社 まずはものづくりの原点へ

そもそもの話、SODはどう「つまらなくなってしまった」のか?

「効率化を目指すあまり、マーケティング至上主義になってしまった。どんなAVが売れているのか、という分析から入ってしまって、監督自身の『これが撮りたい』という強い欲求や、誰も考えつかないような切り口が失われたんです。ものづくりの会社として一番まずいことに、監督やクリエイターを育てることをないがしろにして、いわゆるお役所みたいになってしまって…。いつの間にか同業他社と変わらない作品しか出せなくなっていました」

大きな成長を遂げた企業とあって、確実に売り上げをあげる“守り”の態勢に傾いていたようだ。

それゆえ、本来あるべき会社の姿を取り戻すべく、制作者として抜きん出た情熱と才能を発揮していた野本氏に白羽の矢が立てられたのかもしれない。

「僕は高橋(がなり氏)にはなれませんが、アシスタントを務めていたときに考え方の“軸”を学びました。それは、“損して得取れ”の精神。まずは、お客様を喜ばせることで評価をされて、その後、評価された分の利益が会社に入ると考えています。だから正直、『すぐには業績を伸ばしたい』とは思っていないんですよ」

●「自分の作品に指一本触られたくなかった」 文句を言わせないためにどうするか?

突然、会社の将来を担う立場になり、手腕を試される日々を送る野本氏。しかし、タブー視されがちな業界に身を置いているとあって、じつは親から勘当されているそう。周囲からの理解が得られないとき、仕事への情熱が揺らいだり、ブレたりすることはないのだろうか?

「ないですね。僕は、『一度きりの人生でどれだけ思い出を残せるか』ということを考えているんです。目標がしっかりあれば、周囲にもその覚悟が伝わって納得してくれるはず。社長就任を機に実家には謝りに行こうと思っていますけど…」

そう語る野本氏は、目標設定をしっかりとすることを徹底しているそうだ。

「『何年後にこうなっている』という具体的な目標を決めているんです。10年後にこうなっているとか 、15年後にはこうなっていようとか、そのときの自分を想像して組み立てています。若手監督のときは、自分の作品にプロデューサーから口出しされるのがスゴイ嫌だったんですよ。指一本触れられたくなかった。こいつら何で分かんねえんだろう、って。企画がボツになることもあったので、だったらプロデュースを学ぼうと、1年間プロデューサーたちに頭を下げながら教えてもらいました。それから監督に戻って、誰にも文句を言わせない作品を撮れる監督を目指そうと」

強い意志で戦略を立てるところはビジネスマンが見習いたい姿勢だ。さらに、野本氏は“社外でも戦える人材”になるという目標も立てたという。

「社内である程度の地位になったら、次の目標は世間に名前が知られるAV監督になること。社外で戦うにはどうしたらいいか、と考えた結果、『じゃあ自分が出ていかなければ』というところから、“ハメ撮り”をはじめるんです。やっぱり監督としての色が出るんですよね。

なので、目標を具体的な行動に落とし込むことが、将来を切り開くことになると思っています。ちなみに、社長になるなんて目標はまったく立てていなかったんですけどね。僕は今後どうしたらいいのか…皆さんに教えてもらいたいくらいです(笑)」

(末吉陽子/やじろべえ)

(R25編集部)

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびR25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

最終更新:10/4(火) 7:00

R25

記事提供社からのご案内(外部サイト)

R25[アールニジュウゴ]

リクルートホールディングス

特別号は随時発行。編集部の
お知らせなどで告知予定

0円

[特集テーマ]更新中!
・会社では学べない!ビジネスマン処世術
・お得に、スマートに、マネー得々大学院
・恰好いいパパに!オトコの子育て道場

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。