ここから本文です

弱小校を箱根駅伝連覇に導いた組織づくりの秘訣

NIKKEI STYLE 10/4(火) 7:00配信

 33年もの間、箱根駅伝に出場できていなかった青山学院大学陸上競技部を就任10年で優勝に導き、2016年には大会連覇、39年ぶりとなる全区間首位という完全優勝に導いた原晋氏。一時は陸上界から身を引き、サラリーマンとして勤務するという異色の経歴を持った原氏が講演で語った、青学を箱根駅伝連覇に導いた組織論、そして低迷が続く日本陸上界の改革案を、談話形式で2回に渡ってお伝えする。

■「覚悟」が身についた挫折の経験

 私は広島県立世羅高校から中京大学を経て中国電力陸上競技部の1期生として入社しました。しかし、1年目に自らの不注意で怪我をして、27歳のときに選手生活を引退しました。ただし、引退の原因は怪我ではなく、そこに向き合う覚悟がなかったからだと思っています。

 中国電力では、さしたる実績も残せず引退。引退後は、それまでの本社勤務から地方の営業所やサービスセンターでの勤務などもこなしました。陸上競技の選手としての生活だけではなく、サラリーマンとしても挫折を繰り返してきたわけです。

 しかし、なんとかサラリーマンとしてもうひと花咲かせようと、覚悟を持って仕事に取り組みました。新規ビジネスの立ち上げメンバーに抜擢され、成功させることができたのです。そして36歳のとき、縁あって青山学院大学(以下、青学)陸上競技部の監督に就任しました。

 サラリーマン生活をした10年間、陸上界との関わりはありませんでした。選手として箱根駅伝に出場した経験はもちろんのこと、出場校OBでもなければ監督経験もない、異色中の異色の経歴を持った男といえます。

■5年で箱根駅伝出場

 青学陸上競技部の歴史は古く、創部は1918年。まもなく100周年を迎えるという伝統を持つチームです。しかし、私が就任した2004年まで、28年間箱根駅伝の出場がない状態でした。それも、予選会では予選通過校から10分も20分も遅れるようなチームだったのです。

 そんな中、2004年に学校から強化部指定を受け、私が監督に就任し、同時に寮や強化費、そして青学陸上競技部としては初めてとなる特別スポーツ推薦枠を用意してくれました。監督就任後、私は5年で箱根駅伝の出場権を獲得し、10年でシード校となり、それ以降で優勝争いできるチームにするという目標を立てました。

 この目標に向けて、強化の1期生となる選手たちを集めるため、日本全国の駅伝強豪校を訪ね歩きました。しかし当時の青学陸上競技部は箱根駅伝に箸にも棒にもかからないチームでしたし、私は監督としては何の経験もありませんでしたから、なかなか有力選手はきてくれません。ときには「原さんは日本選手権やオリンピックに出場されたことはあるんですか」なんて、嫌味のように聞かれたこともありました(笑)。

 それでも何とか8人の選手をかき集め、2004年から選手との共同生活がスタートしたわけです。

1/3ページ

最終更新:10/4(火) 7:00

NIKKEI STYLE

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフスタイルに知的な刺激を。
生活情報から仕事、家計管理まで幅広く掲載
トレンド情報や役立つノウハウも提供します
幅広い読者の知的関心にこたえます。

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。