ここから本文です

ブラマヨ吉田「見どころは上品と下品のぶつかり合い」

Smartザテレビジョン 10/4(火) 5:00配信

フジテレビ系では、10月4日(火)に「スターが開店!淳&ブラマヨのおしゃべり商店街」(夜10:00-11:24)を放送。芸能界のスターたちがこだわりの店を営業しているという商店街を舞台に、田村淳とブラックマヨネーズがここだけでしか聞けない話を聞き出していく。

【写真を見る】柴田英嗣(左)は剛力彩芽(右)のためにさまざまな動物を用意

最初に登場するのは小泉孝太郎がオーナーを務めるフレンチレストラン。小泉は「収録現場に持って行くと、皆さんの食い付きが一番いいんです」と“ポテチパン”を紹介し、「通学路に父親(小泉純一郎氏)のポスターがあって、常に見られている感じだった」と政治家の息子ならではの心境を明かす。

続いて訪れるのは柴田英嗣のアニマルカフェ。柴田は客として登場した剛力彩芽のリクエストを聞き、さまざまな動物を用意する。

さらに史上初の親子4人同時襲名が話題となった成駒屋八代目中村芝翫(しかん)、橋之助、福之助、歌之助のバーでは、息子3人がお薦めのグルメを紹介。大の麺好きである福之助は、自分で発見した店のそばとラーメンを取寄せる。すると、その通好みな品々に田村は「18歳でこのおいしさが分かるの?」と驚きを隠せない。

そして、コロッケがオーナーを務める高級クラブでは、原口あきまさとホリがボーイ、客として吉木りさと佐野ひなこが登場。指名を受けた物まね芸人たちが、次々にネタを披露していく。

収録後、吉田敬は「この番組の見どころは上品(ゲスト)と下品(MC)のぶつかり合いで、何度か言葉が通じない場面もありました(笑)。どんな化学反応が起きているか、お楽しみに!」と番組をアピールした。

最終更新:10/4(火) 5:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。