ここから本文です

鶴太郎、トリンドル玲奈に“おでん芸”を説明 「ダチョウ倶楽部のは贋作!」

エンタメOVO 10/4(火) 18:19配信

 映画『インフェルノ』特別イベントが4日、東京都内の新国立美術館で行われ、ゲストとして片岡鶴太郎とトリンドル玲奈が登壇した。

 ダン・ブラウン氏原作の世界的ヒット作『ダ・ヴィンチ・コード』、『天使と悪魔』に続き、トム・ハンクスがハーバード大学教授のロバート・ラングドンに扮(ふん)したシリーズ第3弾。

 この日は、美術に造詣が深い“和製ラングドン”こと片岡が、トリンドルと共に現在開催中の展覧会「ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち」に来場。会場に展示されている本物の絵画に囲まれながら、映画さながらの難解な謎に挑戦した。

 奮闘の末、謎解きの解答として「プッツン」というキーワードを導き出した2人。これは片岡が約30年前にはやらせた言葉で、1986年に新語・流行語大賞の流行語部門・大衆賞にも選ばれているものだった。

 片岡から「今でいうところのキレるみたいな。知らないかな?」と尋ねられたトリンドルは「あっ、プッツン女優みたいな?」と反応。これを聞いた片岡は「それは知ってる?うれしいなぁ。これ実は30年前の言葉なんですけど、まだ伝わっているんですね」と大喜びだった。

 さらに「ダチョウ倶楽部がやっている“おでん芸”とかは知ってますか?」と質問を続けた片岡だったが、これにはトリンドルも困惑気味。「無理やり熱いおでんを食べて、熱い!熱い!と言うやつ」と畳み掛けた片岡だったが、トリンドルは首をかしげたままで、片岡も「そっちは忘れていますか…」と肩を落とした。

 また、イベント後の囲み取材で、自身の絵画の“贋作(がんさく)”がオークションで出回っていることを明かした片岡は、ダチョウ倶楽部の“おでん芸”について聞かれると「あれも贋作!まがいもの。フェイクですから」と語った。

 著作権について問われた片岡は「同じ事務所だからうまくやっているけど、あれが違う事務所だったらガッポリもらいますよ」と冗談めかしつつ、「本当のおでん芸は、もっとリアルにグツグツ煮えていますから!」と力強く訴え、笑いを誘った。

 映画は10月28日から全国ロードショー。

最終更新:10/4(火) 18:19

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。