ここから本文です

名物「峠の釜めし」に秋の味覚がいっぱいの限定版登場!

東京ウォーカー 10/4(火) 19:07配信

上信越自動車道の横川SA(上り線)では、名物「峠の釜めし」の秋バージョン「峠の釜めし 秋」(1,800円)を販売している。

【写真を見る】横川サービスエリア内「おぎのや」で販売

陶器のフタを開けると、ガラスープで炊き込んだ熊本県産の栗を使ったご飯の上に、鴨(ハンガリー産)、舞茸、椎茸、きくらげ、長葱、いんげん(群馬県産)、かぼちゃ(北海道産)、さつまいも(千葉県産)、しめじ(長野県産)、うずらの卵(国内産)といった、秋の味覚がぎっしりつまっている。

販売は9月3日から11月27日の土・日・祝日のみで、11時頃から発売する。

横川に立ち寄った際は、この秋の味覚がつまった釜めしを味わってみてはいかが。【東京ウォーカー】

最終更新:10/4(火) 19:07

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。