ここから本文です

ストールを「スヌード」風巻きにすれば、小顔&コンパクトなイメージに

東京ウォーカー 10/4(火) 20:00配信

手持ちの服の着回し力をぐんと上げてくれる、ストール。巻き方を変えるだけで印象が違ってくるから、楽しめるバリエはいろいろ。そこでブログ「プチプラコーデ術」も大人気のパーソナルスタイリスト・Yokoさんに、おすすめの巻き方を教えてもらいました。

【写真を見る】とっても簡単!「スヌード巻き」のやり方

■ スヌード巻き

ストールの結び目を隠せばスヌード(マフラーが筒状になったもの)のような印象に。比較的コンパクトで軽やかなイメージです。

●巻き方

1.長方形の大判ストールを広げて、対角線上にある角を持つ。

2.1で持った角を合わせて結ぶ。大ざっぱな固結びでOK。

3.2の結び目が首の後ろになるように、首にかける。

4.3を交差して、胸の前にできた輪を首にかければ完成!

結び目を上手に隠すのがコツです。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】

最終更新:10/4(火) 20:00

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。