ここから本文です

「誤審か否か」だけでは見えてこない 選手がピッチで取るべきレフェリーとの距離

BEST TIMES 10/4(火) 7:00配信

岩政大樹による書き下ろし「現役目線」、11回目のテーマは「レフェリー」。

 ■ミスジャッジもサッカーの一部

 先月行われたワールドカップ最終予選の初戦、UAE戦で日本は1対2で敗れました。その試合で下されたいくつかのジャッジが話題となり、数日間随分とレフリーの判断について議論がされていました。
 その試合の一つひとつの判定についてはもう語り尽くされているので、僕の見解を述べることはしませんが、アジアチャンピオンズリーグやタイプレミアリーグを経験した者としての感想は、試合を通して見ればいたって普通だったように思いました。確かにいくつかのミスジャッジは見られたものの、アジアの大会では、あのくらいの数のミスは珍しくはありません。それ自体が問題といえばそうですが、ミスジャッジもサッカーの一部ということもサッカーを愛する者には共通の認識でしょう。

 こんなことを話すと、僕のことをよく知る方やサッカーをよく見られる方から、「そんなこと言いながら、お前らよくレフェリーに抗議しているじゃないか!」という声が聞こえてきそうです。確かに、UAEとの試合の後も選手がレフリーに抗議する姿が見られましたし、僕もレフェリーの方と試合中に何度か話をすることがあります。

 僕は笑顔で話したり怒っているように話したりいろいろなので、よく「何を話しているんですか?」という質問を受けることもあるので、今回はレフェリーとの関係について話してみたいと思います。

■2試合連続で退場処分を受けたこと

 少し回り道をさせてください。

 小さい頃、僕はわがまま坊主のクソガキで、超がつくほどの負けず嫌いでした。試合が始まれば熱くなり、レフェリーの方にたてついてイライラすることもしばしばでした。試合が終わって冷静になると反省する気持ちは持っていましたが、そんな自分を抑えられずにいました。

 プロに入ってからも、熱さも自分の個性だと思っていた僕は、自分という存在をアピールする意味でも激しさを前面に打ち出していて、レフェリーに対しても感情をぶつけていました。

 あれはプロ2年目の夏でした。僕は2試合連続退場という大きな過ちを犯しました。まず、サンフレッチェ広島との試合で佐藤寿人選手を倒して一発退場となり、1試合の出場停止があけた東京ヴェルディとの試合で今度はイエローカード2枚で退場しました。それも2試合とも前半での退場で、チームはそのいずれの試合も落としました。

 正直、判定自体は僕に厳しいものだったと思います。ただ、問題はそういうことではなかったのです。僕自身のレフェリーの方への接し方に問題があると思いました。

 それから、僕の中で、レフェリーの方と話す言葉や態度を見直していきました。一度ついてしまった印象を塗り替えるのには時間がかかります。僕を要注意人物と認識しているレフェリーの方の印象を覆すのは簡単ではありませんでした。
 そうして自分の在り方を見直していく中で気づいたことがあります。それは多くの人が、サッカーにおけるレフェリーという存在を勘違いしているところがあるということです。

 僕ももちろんその一人でしたが、サッカーにおけるレフェリーとは、「審判」という言葉で表現される存在とは少し違います。なぜなら、サッカーにおけるレフェリングには、「白か黒か(ファウルか否か、どちらのボールか、警告か退場か、など)」を判定するだけでなく、笛を吹いてプレーを止めるか、どこまでのプレーをファウルとするかといった、レフェリーの裁量によって決まるグレーな部分があるからです。

 つまり、サッカーにおけるレフェリーには、試合を公正平等に進めていくと同時に、できるだけその試合を円滑に進めていく役割があり、その点では、レフェリーと選手は、裁く側、裁かれる側と言う関係だけでなく、共に試合を創っていく関係とも言えるのです。

1/3ページ

最終更新:10/19(水) 21:00

BEST TIMES

記事提供社からのご案内(外部サイト)

BEST TIMES

KKベストセラーズ

笑える泣ける納得する!KKベストセラーズ
の編集者がつくる「BEST TIMES」
(ベストタイムズ)。ちょっとでも皆さんの感
情を揺さぶれたらいいな、と思います。

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。